ここは愛を育み音楽に癒されながら 会話を楽しむ為の星 地球です!
いつまでも青く輝け! へようこそ、、

■かつて 何にもない世界は存在したのかな?

宇宙の果てはないという、この地球上での見解ではあるが、時空の狭間を含めてなぞだらけの世界である、宇宙の果ては確認することも出来ず、しかも星空の光は数十万年前に放たれた光 しかも宇宙は膨張し続けている、そしてその傍らブラックホールという超重力空間が存在し、すべてを飲み込んでいる 

28238459_2075423252680899_4805999726533751012_o.jpg

時間軸を考えれば過去に数万年 数十万年 さらに さらにと考えると 時間の始まりはいつだったのだろうか?全ては、ビッグバンという奇跡的な爆発により誕生した そして、全ての生命体が共に歩み始めた瞬間でもある、明らかに言えることは与えられる事から歩みだしたこの世界  創造主の願いとは 「 愛 」 に他ならないと思う!



地球よ! 人類よ!

   いつまでも青く輝け!






■幸せになれるマインドコントロール

私は幸せになるためにこの世に生を受けた 富は私のもの 昇進は私のもの 私はこれまでのすべての出来事に感謝します 私はこれまで出会った人たちの幸せを心から願います 私はとっても 自由です あなたも 皆 とっても自由です 私はあなたの犯したことを すっかり許します 私は皆の笑顔が何よりもの宝物です

私は不平不満の声や思いから遠ざかります 私は常に神様から見守られ順調に歩んでいます この瞬間が人生の中で最高峰です 常に上り続けています 過去の災難は何一つありません 危険回避でありベストウェイでした ただ歩み続けます、真のゴールに向かって

幸せになれる意味とは人を助け続けて、その時にもらった感謝の意をどれほど集められたのか? 成功とは勝ち取るものだと大きな勘違いをしている人ばかりだが、本物の成功とはどれだけ全てに与えてこれたのかによって決まる!





■この世の生命体とは振動に他ならない すべては振動である! dive77.png

■For Back Music >> オランダの無料放送です!  grand77777.jpg



■フリーエネルギーは実在した、陰で実在しているだろう


■幸せだと思える幸せ それは心の持ち様 人は、いつでも どこでも いかなる状況であろうとも幸せになれる 全てに感謝すればよいだけの話だ 不平不満を、全く持たず人の悪口を口にせず 神を 愛の偉大さを信じれば 勇敢 や 自己犠牲や 見返りを求めない これらが 偉大な愛を生み出す種であると思う 何が起ころうがありがたく受け止め感謝の中に生きていればいいという事です!

人から感謝されるって 永遠に感謝され続ける そして 未来永劫勲章としてオーラに植えつけられる、いずれこんなオーラも見える世界に 金色大きな翼を持ちながら 歩く人 白い輪を 頭上にうっすらと備えられ歩く人 真っ黒い煙を出しながら 歩く人 人が人のために動く姿が 本来の意味の 「働く」 「稼ぐ」は 紙幣を我が手にするための行為  ありがとうは 人として生まれたときに 神様から教わった 魔法の杖 全てにありがとうで生きて行きませんか?


■ リンク集 >>  イメージクリックで記事へ







img_1.jpg

<2014年タイに移住していたころの記事です>

タイランド カオサン 

ここは、まったくバンコクのイメージとは違う異色の町並みである、ヨーロッパをモチーフにした大通りには高さ30メートルを超える見事なモニュメントが立ち並び、両サイドには伝統的な寺院がきらびやかに立ち誇る、スクンビット、シーロム辺りにあるような歓楽街、ゴーゴーバー カラオケ店など一切ない健全なエリアである。

ごみごみした感じもなし、臭い匂いもなし、わき道を入ると両サイドには見事な緑色のマンゴのーの巨木並木が続き、その木陰でヨーロッパの美しい男女がカフェを楽しんでいる光景があちこちで見られる 心休まる場所である。

そのカオサンにはチャオプラヤ川が隣接して流れていて、15バーツ<約45円>のチケットを買い一駅さかのぼったところが、テーウェーというとても素敵な得をつめる場所があって、、、とても感動する!

今 このテーウェーに このごろとなく喜びを感じれるようになってきて、ちょくちょく通っている。

以前 命の尊厳について記したと思う、生まれてきて他の生命の命を救うことの出来る機会はどのくらい与えられるのであろうか、無論 人間も動物も魚も地球号のそれぞれの役割を担う同じ乗組員 命の尊さは同じである。

桟橋の近くに設けられた捕らえられた生き物を川に逃がし、命を救う 自由を与える行為 これがテーウェーである、小さな背の小学生や会社の社長さんや毎日のように たくさんの人がテーウェーをしにこの場所に船を乗り継ぎ訪れ、神聖な空気も漂う中 手を合わせて立ち並ぶ人たちの後姿が神々しい、

魚を捕まえたときのようにぴちぴちはねることもない、不思議なくらいに手の中にスーと入ってきて 一匹一匹自分の手ですくっては川に逃がしてあげるのである、彩られた黄色や白い花びらと一緒に、、、

この国の人々の心の優しさや、信仰心に 心打たれる日々である。

もちろん 日本人も同じであるが、、、


img80da1b21zik3zj.jpg



[カオサンから船に乗って]の続きを読む
スポンサーサイト