ここは愛を育み音楽に癒されながら 会話を楽しむ為の星 地球です!
いつまでも青く輝け! へようこそ、、


■かつて 何にもない世界は存在したのかな?

宇宙の果てはないという、この地球上での見解ではあるが、時空の狭間を含めてなぞだらけの世界である、宇宙の果ては確認することも出来ず、しかも星空の光は数十万年前に放たれた光 しかも宇宙は膨張し続けている、そしてその傍らブラックホールという超重力空間が存在し、すべてを飲み込んでいる

umijahiroi.jpg

時間軸を考えれば過去に数万年 数十万年 さらに さらにと考えると 時間の始まりとはいつだったのだろう? そんなことをふと頭にかすめ、今のちっぽけな自分を見つめる 果てしない宇宙の 果てしない時間軸の中の自分である、

全ては、ビッグバンという奇跡的な爆発により誕生した そして、全ての生命体が共に歩み始めた瞬間でもある 明らかに言えることは与えられる事から歩みだしたこの世界 創造主の願いとは 「 愛 」 に他ならないと思う!


 地球よ! 人類よ!

       いつまでも青く輝け!


 



■ 音楽はこの世の最高の娯楽ですね、!





■ イメージクリックでブログ内の記事へリンクします、! clubmed_20170317175950a54.jpg

◆ プライベートエリア



誰にも話せない 自分だけの得た真実 それは自分だけのポリシーとなる、片方の世界しか知らないものには判断する資格などない、全体を知り 選択するのが賢明だ! 

弱きものは、たやすい道 ずるい道 利己的な道を歩み ぬるま湯に長く浸かって精神力の弱さに磨きをかければいい 人はその環境下で日々考え方も変わる生き物だ、新入社員だった頃、部下を持った頃 そして、独立して成功し 大金をつかんだ頃 はたから観察していると、小さなころの面影薄く少しづつ人格が冷酷に変貌し他人をさげすみ、少しのことでも当たりちらし 横柄な口調で怒り出す!

なぜだろうか?

そんなに、自分は偉い人に そして権力を逆手に知らない一般人にまでも裁けるような人になったのかなど、、、 世の中への感謝の気持ちは 消えていく 消えて いく

あたたかい心や、人を救わなければならぬ人としてのあるべき姿 そんな元始から 神々から授かった大切な種を 今の文明はことごとく粉々にしていく 粉々に 

誰にとっても とても悲しいことだ、

洗脳を受けた人類は、その洗脳に疑問も持たず ただ受け入れ 日々を過ごしている 排出欲 食欲 睡眠欲 性欲 自己達成欲 そして、誰しも老化や病を当たり前に受け入れ死にゆく、、、

死後の世界などどうでもいい つまり「死んだら終わりだ」という悲しい思想が この世界をこの壊れかけた心を 生み出す原動力ではなかろうか? 宗教や超能力には頭から 信用せず、毎日夢をみたり第六感が働いたり 明らかに体験したことには ふたをし、不思議とも思わない矛盾で出来た思考回路だからではなかろうか?

全てはつながっている、全ては一つである なのに なぜそれを解明しようともせず、この世は平平凡凡とマネーゲームの虜 そして不労所得であろうが、犠牲者が出ようが あたりかまわず自分の得たお金で、人を虐げる 虐げたい人間ばかりになっていく きっと遠い昔昔の人間の方が もっと心も愛も そしてポリシーもあったのではなかろうか?

なぜ我々が今のこの時代に平和に生きてこれたのか?我々が恵まれていない人たちへの救出としてすべきことは何なのか? そんな事 おとぎ話にしか聞こえない すでに もう冷たい社会になってしまった

しかし、私は発展途上国の そして食糧不足で毎日何千人もの子供が死にゆくこの世界を いつの日か皆の力で救える日を願って生きていきたい!

そんなこの思いを きっとどこかで共感してくれる生涯の友と共に、、、

すべての地球よ 「いつまでも青く輝け!」


poloce4.png

 
関連記事
スポンサーサイト
☆彡 STAR GATE SG 1 TV Vol 43
惑星間を瞬時にワープ可能にした古代エンシェントの文明による スターゲート エジプトの遺跡から発掘されて以来 探検隊SG-1チームが次々と様々な冒険に挑む! 全米で10年以上続いたベストセラーTV作品です、勇敢で知的で部下を決して見放さない愛に満ちたどれもが感動的な作品だと思います。







関連記事
バンコク市内の静かな住宅地

緑の中の とても安らげる 環境だ

そして 6階建ての新築マンションである


その5階に住む私も、エレベーターを使って部屋に向かう


不思議なことに、いつも3階、4階部分からどんどん人が乗り込んでくる


あれー? 上ですよ! 

    アニー クン クン 

       NOW GOING UP!


というが、

みんな うなづいて 驚いた様子も見せない


すると、ちょっと太った人のよさそうな日本人に言われた

 「あのねー このエレベーターね まいっちゃうんですよー

  下ボタンを押すでしょ ドアが開いて 上ですよって言われるから

  そのまま乗らずに 待つでしょう^

  でも 6階へ行って 戻ってくる時は

  いつも止まらずに そのまま通り過ぎて行くんです、、」

  
  「えー? そうなの?」


 そのあと、ふたりは大笑いして 

  私は5階で降り

   かれは そのまま洗濯かごを片手に 

   1階ではなく ひとり6階へ向かった、、、


  さすが、タイランド 

    人と人をつなぐ いい仕事振りだー


f87_DSCF0960.jpg
<画像はイメージです>
関連記事