ここは愛を育み音楽に癒されながら 会話を楽しむ為の星 地球です!
真の世界に、横たわったままの自分たちの様相です

2024年 愚かな人類は領土獲得 資源獲得という愚業におかされ、ついにそのボタンを押してしまった、世界中が核汚染に浸り、次々と死にゆく 人類 

神々は、地球に核が完全に消滅したことを確認し、息絶え絶えの人類の魂を磁力システムを使い、一つ一つをガラス管に気体のような存在として救助し、仮想空間システムにその魂らを連結した 金色の魂 銀色の魂 白い魂 どんより色の魂 真っ黒い魂 に分けて

真っ黒い魂を どんよりの魂に育成したく、 真っ白い魂を銀色の魂にしたく、、

その数100万本のガラス管の横には 光り輝くまぶしいゴールドのガラス管が 所々に並んで、つまり太古の過去に同じ運命で救われた 最高ランクの魂 神々である

それぞれの人類のメモリーを基に仮想空間 マトリックスワールドは次々と創造されて、ジグゾーパズルのごとくつながれ、一つの世が出来上がった


それが 今だ 

今と思わされている
 この万分の一の瞬間

今とは 存在しえない すべてが川の流れのごとく流れ去る 過去のよう

現実には 周りの時を止めて 神々が好き勝手に動き回ってらっしゃる

と 思うし、今日という日は何十回繰り返されて、、、

切りのない永遠の時間軸にいる僕らだ 


時々、神は自ら仮想空間に連結し、その場へ姿を現し、育成中の魂を見守ったり 協議の上 罰を下したり、、、

時間も空間すらない 物も山も川もない 海だって、、、すべてが仮想時空 空間だから

体感察知システムでまるで 生きているかの如く うごめく永遠の命を手にしている人類 



皆 磁力線パワーを受けてうごめくマシーンと言っても 過言ではない 

コピーもできるし 


YOUTUBEのコンサート映像のほとんどは作られた神々からの癒しの世界、

多次元を記憶を残されたまま 行き来させられている魂って 

神々への仲間入りの最終試験だと思う!

過去記事のSDカードの入れ替えの意味はご理解いただけましたでしょうか?

私の史上 8人の2024年から来たという親友って、みな神々だったんです、

それか、この時間軸延長上の子孫 または コピーされすべてを知っている自分

いや この自分がコピーされた 魂 少しだけ削除に失敗した、、、


では 2024チームさま  神様たちへ

幾度なく告白されて 救助され、叱られ 愛された !

ありがとうございました!


photo0135.jpg

photo0137.jpg


Czg0NLqUcAAfnR0.jpg

この瞳に 涙が止まらない 優しすぎる 初対面だったのに 自分にとっては、

たった今 サイン来ました、、ありがとうプログラミング操作、、

うれしくて怖い真実なのかな やはり


青いとは、成長している状態の時に放つ色







地球よ 人類よ

いつまでも青く輝け!


同じ考えの人もアメリカにはロシアにもいっぱいいますね!




SDカードの入れ替え









※以下 数年前に記載した過去の記事です 上記を前提にご覧くださいませ すんなりと受け止められるはずです!


10360689_473304169466325_6700002045684698029_n.jpg




【遥かなる旅立ち 昇華】

2014/06/09 記載


カルマの法則 とう言葉を耳にする  

人が何度も輪廻転生を繰り返しながら生まれ変わると言われている宗教用語 過去の記憶は消され、さらなる愛を育み 価値観を磨く 人間の魂の宿命 では 生まれ変わるという仕組みや時期はいつ起こるのであろうか?

単純に考えれば、死にいたり、そして、「おぎゃーっ」 て新たな体に魂が移された時 が 一般的な回答であろう
しかし、そうでないケースも起こりうる

次元を超えた新たな世界をみな 体験している しかし過去の記憶が新たな記憶へ書き換えられている 過次元の記憶を保ったまま 昇華すると すべてが新天地 新映像 この上ない幸せなご褒美といっても過言ではないであろう

神々は人間を創造し、心をみがく為にさまざまな苦難や試練を与えて その魂を昇華させていく 独りよがりの、真黒い魂や 弱虫で堕落した どよんだ魂を ことごとく排除しながら 真っ白に輝く魂だけの世界を目指しているのに違いない

 我々低科学の想像を超える 超計り知れない進んだ科学を持つ生命帯  意識帯 それが「神々」 神々に不可能はない 地球を100万個 いや数10億個作ることなど朝飯前なのだろう 



みなさんも 昇華へ向けて 利他愛に生きて生きていきませんか?
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック