遥かなる時の行方  

縁という優しさに、甘えながら

  岩満 志朗

みなさん こんにちは

今日は縁についてお話してみたいと思います、縁ってとっても不思議 そうとは 思いませんか? この広い世界 この流れる時間の中にご先祖様の仕業と言わざるを得ない いいご縁があって、本当に感謝の意でいっぱいです、! 

私達は一人ぼっちにこの世に生を受けても意味は無い

助け合い 励ましあい 愛し合い 喜び合う 時には自分の命さえいとわない
素晴らしき 生命体 「 人類 」 ですから、

そして 

僕達のご先祖様も 神様たちだって思いは同じだと思います そこで様々な仮想は成り立つとは思いますが 現実にこのご縁によって結婚をして素敵なご家庭を得た方々 このご縁によって素晴らしい会社へ入り、いい地位へと行かれた方々、すべてはそのお方々のご縁のお力であると私は強く思います 

この広い地球上の流れゆく時間の中に 同じ場所に知り合いと出会う 親戚と出会う 分かれた彼女と出会う 好きな人となんども出会える 不思議だとは、、、思いませんか?

仕組みがどうであれ 私達はいつも見守られていて何ら心配などしなくてもいい 
ご心配無用の世にいるのだと思います 

僕らとは弱き人類 だからこそ 「 人類 」  


  そして 

 10代遡れば1024人のご先祖様達に、神々に感謝し
 堂堂と 「 思いっきり 」 甘えてもいいんだと思いますよ、!

     縁と言う優しさに、甘えながら! 





 「 遥かなる時の行方 」



関連記事
スポンサーサイト
Posted by  岩満 志朗

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply