遥かなる時の行方  

今の平和にありがとう

  岩満 志朗

みなさん こんにちは

今日は今までに起こってしまった 悲劇の大惨事の時に露見した 「 悲鳴の数字 」 についてお話してみたいと思います、私達はこれから起きることって、未来のことだしどうなるのか分からないって いつも皆思っていらっしゃるかと思います、普通の見識ある常識の世界です

しかし これから挙げる四回の大きな悲劇の中にある 
数字をご覧頂いてどう思われますか?


1995/01/27  05:46 阪神淡路大震災
2001/09/11  08:46 米国ツインタワー大崩壊テロ
2011/03/11  14:46 東北大震災
2014/04/02  08:46 南米チリ北部巨大地震 MG8.2

46分が並ぶには 1/60 の四乗 12,960,000分 の 1 の 確立です 

ほぼ 天文学的な数字ともいえますよね 他にも小さな悲劇で尚且つ上記の悲鳴の数字が露見した大惨事もあるみたいですが、私は 神にも地球にも意識あり 私達の理解不可能な意識体が故意に引き起こしてしまった大惨事ではないのかな? と思っております

原子力発電の再稼動の鹿児島県 マグニチュード5クラスが連発 さらに県境では噴火活動が始まりました なんというタイミングなのでしょうか? 神も人もみな嫌がる原子力発電所 今で十分に成り立っているのに、黒い服を着て黒い心の人達により、原発再稼動は次々と可決されていく 愛する国民を危険にさらすのでしょうか?  

陰で動くお金が福島の原発をはじめ引き起こした張本人です だーれも止められない しかしいいところもいっぱい有ります、今の環境の良いところだけを見ながら社会に感謝して生きていくのが望ましいのかな? って思います


  おいしい空気があるし、豊かな食料や水もある
  音楽もあれば、映画だって自由に見れる です



地球よ! 人類よ!

  いつまでも青く輝け!



C9z-0zbVYAAL7os.jpg






関連記事
スポンサーサイト
Posted by  岩満 志朗

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply