遥かなる時の行方  

裸の天使たち

  岩満 志朗

みなさん こんばんは

今日の記事は成年男子向けのお話になりますので、それ以外の方々 特に学生さんなんかは絶対に読まないでくださいね、よろしく これからの記事は実際 今でも行われているあるお店の環境 運営、そしてその世界についての悲しい沙汰に関して少しだけ触れたいと思います

では その場所は東南アジアのある国の大都市のど真ん中の、ホテルの地下にある約200平米規模のレストランバーの有様です、勿論 今のこの時も沢山の人達が集まっていることかと思いますよ

さて、ここでは一体何が堂堂と行われているのでしょうか? 参加者 18歳女子大学生数十人 OL25歳前後数十人 そしてそれ以上の歳の35歳くらいまでの主婦 数十人 トータル100人前後 もっとかな? その地下レストランバーの壁沿いに 一列に並んで、そこに来た男性の顔を見ては 笑顔をしてみたり 知らん顔してみたり、、

おーい 一体ここはなんなんだ? と 初めての人はびっくり仰天 その後は天国にも上った昇天状態で通い詰めの常連さんの待ち合わせ場所と化していて、どんなドラマが 今もこの時も生まれていて、、どんな援助があって どんな愛も生まれて、後詳しい事はご自分で体験した方がいいと思います、ある意味 救助ですし、この国では合法です


彼女達には 「 微笑み 」 というありのままの姿に、
田舎の兄弟や両親を支えて立派であるということ 
それを忘れないで欲しいです、


   日本の人みんな 優しい  
   と声を合わせて彼女たちは言ってました、
   よかった よかった、!



私事ですが、約10年間この地に滞在してまして、時折立ち寄り勿論何もしないでチップを彼女達によく上げてましたので それで、つい思い出して記事にしました





地球よ! 人類よ!

   いつまでも青く輝け!
 
  

b753bf88-s.jpg







関連記事
スポンサーサイト
Posted by  岩満 志朗

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply