遥かなる時の行方  

いつもの空を、ふと見上げて Ⅱ

  岩満 志朗

いたっつ 

    おい なにやってんだー
    ボールから逃げようとするから
    顔にまで当たるんだ

    もう 4年生だろ? 
    しっかりしなさい

    いいかあ なんでもそうだ
    逃げたら 絶対に負けなんだ
    どんなことでも どんなときでも
    向かっていかなくてはならない

    わかるか?


だって こわいよー

    
    なに言ってるんだー 
    死ぬ気でボールに向かって、素手で取ってみなさい
    弱虫って 言われてもいいのか?


んーん


    よし いくぞー


ばっしーん 
より強いボールに 手が当たり 突き指する


あっ だいじょうぶ です



    そうかー
    姿勢は、どうやら出来たようだな

    また明日だ
    最後は なんていうんだ? 


おとうさん ありがとうございました


    その言葉の意味がなあ
    後になって、必ず分かる日が来るんだ

    でも、その時は 
    おれは もう
    お前の前にはいないだろう

    しっかりしてくれよなあ

    そして、その時は
    お母さんの事を、たのんだぞー



あの厳しさ そして、あの温かい夕陽は、今も、ここにある
いつもの空を、ふと見上げて





 「 遥かなる時の行方 」


god-leren-kennen-vader.jpg




    
関連記事
スポンサーサイト
Posted by  岩満 志朗

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply