遥かなる時の行方  

平和な世界に飽きた神

  岩満 志朗

みなさん こんにちは

今日は神様の気持ちについてお話してみたいと思います、性善説です 人は善と悪を見極める際に始めからその区別がつくような魂であったのでしょうか? 人は正しい道を歩むためには必ず間違った出来事や経験を踏み台にしなければ,、人としての歩むべき道へは進めない そんな風にも思えます 


この世に後悔は一切ないなんて言う人は誰一人いないのであって、失敗が成功を作り出す大切な経験なのだろうかと思うわけです、そして万能の神 神はきっとこの世を何度も何度も最高の世界へ導きそして 物足りなさを感じて時間を戻し今の世界を様々な多次元へ広げて観覧されているのではないのかなとも思います


みなさん 周りの全ての人達がいつもで笑顔で優しくて 思いやりがあってみんながイヤなことを率先してくれて、なんらストレスのない世界にいたのならどう感じますか? キライだという感情が イヤだという感情が根底から消えた世界 想像してください キモイデスヨネ、!


想像主 神様もいろんなことをお考えに成りIQ1000以上の知能で僕らへ素敵な世界や時間を送ってくださっているのだと願いたいです、つまり神様は勿論 正義を愛し 正義を創るために悪を創造してこの世に敷いた が正解のような気がします、以前同じタイトルで記事にしてシェアを沢山頂いたのですが 何を書いたのかがしっかりと覚えてなくて 今日はこのような記事になりました


風景も一直線の地平線や水平線だけ見てても飽きますし、人生もそして神様から見ていただく僕らの人生模様も様々な方がいいのかもしれないですね、!


頑張りましょう 
拍手喝采に向けて、!




地球よ! 人類よ!

   いつまでも青く輝け、!


2afcf3ad25926ec223d1e7f37affcd01.jpg

関連記事
スポンサーサイト
Posted by  岩満 志朗

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply