遥かなる時の行方  

あなたの思い

  岩満 志朗

みなさま こんばんは

ずいぶんと寒くなってきましたがいかがお過ごしの事でしょうか? 冬になればコタツ団欒にみかんをほうばって、そんな姿が目に浮かびます 今日は死と思いについてお話しますね

始めに私はこの世が仮想空間であることを確信いたしていますので、かなり普通とは違う見解で死を見つめています、死を怖がる それは先ず始めに私達が死後の世界について無知であり 全ては終わってしまってせっかく得たものが自分の所有ではなくなる悲しさ所以>ゆえんであると強く思うわけです、

でも、宇宙の法則では魂は何にも自分のもの 管理するものなど持てません あえてこの地球ではその相反する事象を敷いて魂の育成や格付けをしているのに違いないのかな と思うわけです そして死を怖がる魂は過去の過ちに後悔し、どんな罰が天への登竜門>とうりゅうもんでやってくるのか おそろしい 自分自身に自信もなくてこの地球上の同じ人類に対して信頼できないから紙幣で自分を守り 他を操り自分だけいい思いをしている そんな沙汰の魂でいるのだと 思います

私達の命は代々にわたるご先祖様からの金色に光ったバトンを手にした命に他ならない だからどんなに辛くても自殺なんかとんでもないお話なんです 実際この日本という国では一日60人の人達がみずから命を絶っています そして行方不明者などを含めれば実際の自殺者の数は一日それ以上の悲劇に終わっています 

なんとご先祖様たちは嘆>なげかわしき心持なのでしょうか? だから 日本に災難は続く こんな国にしたのは こんな貧富の差を作り上げて終いにはいじめなどの 最悪の心意気がうまれいったいなにがいけないのでしょうか?

この現状から脱出できるのは団結です 宗教でもない お説教でもない 会社でも家庭でもお互いの主義主張を認めてその人の居場所を与えてあげてあたたかく 高い心のある人達が見守ってあげる意外にないのだと思います、

死を怖がり 地位を怖がり 世間体を怖がり 最期には登竜門で問いただされて、、
みなさん 精一杯 命のある限り未来へ残しませんか?

あなたの思いを





地球よ! 人類よ!

  いつまでも青く輝け、!


45887188_349893172486005_4259318453262876672_n.jpg


神さまがおっしゃるには死ぬ日も予約が必要だそうです
私は今のところ予約は必要ないですし、死は怖くないです、!

ありがとうございました、!






関連記事
スポンサーサイト
Posted by  岩満 志朗

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply