ここは愛を育み音楽に癒されながら 会話を楽しむ為の星 地球です!



 笑顔は地球の宝石 感謝が地球の宝物 


 文章の始めに 一文字開ける 神々への礼儀のひとつ!


 神に近づけば近づくほど、普段の行いの戒律 罰すら厳しくされるそしてさらに神へ近づける


 勝敗の舞台に立った時点で、人間としての敗北だと思え!


 立ち止まるということは、新たなスタートラインに立ったということだ! 

 
 前に進みたければ、常に一本の道を選択せよ!


 得をする人の影に、損する人あり!


 意地悪をされたお返しは、親切で返せ!


 客の苦情こそ お店を大きく育てる!
 

 この世で一番自分のことを知らないのが、自分だ!


 自分のことを大切に思うなら、まず他人を自分以上に大切にしろ!

 
 自分の得るもの 失うもの すべてはすでに決まっている!


 欧米人は、とんでもなく女性を立て 大切に大切に見守る だから歩くときも、
自分が 愛する女性を後ろから危険がないようにと 見守りながら歩くのである 


 神は努力をした人にだけ、対岸へ渡る為のチャンスという名の架け橋を渡す


 核 それは自然淘汰されるまで100000年以上かかる、


 全く問題なしは、最高に問題ありの状態!


 見なくていいもの 知らなくていいこと いわなくてもいいこと を見つけながら生きよう!


 この世に善も悪もない あるのは輝かしい未来に向けての一本の大きな道


 我々の住める星は 一つだけ 代替の星は見つかっていない 
大切な僕らのマザープラネット 地球だ 
もうこれ以上 一部の人間の為の自然破壊はやめにしてほしい


 長い期間妻として仕える女性も、一夜限りで幸せを売っている女性も 
たいしては変わらない 娼婦を馬鹿にしてはならない。


 いくら感動的な歌声でも、顔が気に食わないと 決して心に響かない!


 本物は単純で頑丈









地球よ 人類よ

いつまでも青く輝け!

本日はお越しいただき
大切な時間を有難うございます

★尚このサイトは営利目的アフィリエイトのリンク一切遮断している安全な平和 友愛 宣言サイトです!

ご安心ください。

◆全国アクセスランキング

心と身体 107位
(昨日:85位) / 22443人中
セラピー 2位
(昨日:2位) / 1134人中
更新日時:2017/01/04 06:42

心と身体 85位
(昨日:74位) / 20624人中
セラピー 2位
(昨日:2位) / 1023人中
更新日時:2017/01/03 06:42


tenniss.png



以下 PCトップフリーエリア


■かつて 何にもない世界は存在したのかな?


宇宙の果てはないという、この地球上での見解ではあるが、時空の狭間を含めてなぞだらけの世界である、宇宙の果ては確認することも出来ず、しかも星空の光は数十万年前に放たれた光 しかも宇宙は膨張し続けている、そしてその傍らブラックホールという超重力空間が存在し、すべてを飲み込んでいる 

時間軸を考えれば過去に数万年 数十万年 さらに さらにと考えると 時間の始まりはいつだったのだろう? 



■誰にも話せない 自分だけの得た真実 それは自分だけのポリシーとなる、片方の世界しか知らないものには判断する資格などない、全体を知り 選択するのが賢明だ!
弱きものは、たやすい道 ずるい道 利己的な道を歩み ぬるま湯に長く浸かって精神力の弱さに磨きをかければいい 人はその環境下で日々考え方も変わる生き物だ。



詳細は記事 【 地球の輝かしい未来に向けて!】 に、右リンクからどうぞ!




■人生は不思議だ、いつも過去を振り返って 過去のその時にとっては、大変だったいろんな問題 あがき 苦しみ 貧困
しかし、どれをとっても今の自分においては大切な一つ一つの経験 宝物

詳細は記事 【 無邪気な笑顔を忘れないで! 】 に、右リンクからどうぞ!





■ポジティブへのマインドコントロール方法


私は幸せになるためにこの世に生を受けました  富も昇進も私のものです  私はこれまでのすべての出来事に感謝します  私はこれまで出会ったすべての人達の幸せを願います  私はとっても 自由です  あなたも とっても自由です 私はあなたのことを、すっかり許します  私は不平不満の声や思いから遠ざかります  過去の災難は何一つありません 危険回避でありベストウェイでした




◆いつまで絵も青く輝け!

 


◆文化の入ってこないロシア しかしすっごくいいと思う!

今日もいい音楽聴いてがんばってくださいね ! 

詳細は【 ロシアの音楽は台頭する 】 に、右リンクからどうぞ!

>












関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック