ここは愛を育み音楽に癒されながら 会話を楽しむ為の星 地球です!


彼のアパートから日本人街まで約35分、彼女と手と手をつなぎ、歩いて歩いて、歩いた それでも 二人はとても幸せだった、励ましあい 「足の傷口 痛まない?」と彼女はよく僕に声をかけてくれていたし、そんな心遣いが痛いほど嬉しかった、私は、古傷が完治してなくウミが出たりして痛みをこらえながらの毎日だった。


しかも バンコクは熱い、気温は35度を超える、、灼熱の太陽、コンクリートの反射に40度近い日もまれではない、、、こんなんじゃーいつまでたっても治るわけないなーと 私も半分あきらめていた、足を切断される手術の夢も見たなー、、、彼女と二人貧しい毎日 人の部屋に居候 彼女に下着の一枚も買ってやれない、、、ボロボロの靴を履かせて、、、でも それでも 二人は確かに幸せだった。誰からの反対もなく二人でより添って生きて居れるだけで十分だったのだ・・・

私は、以前の経験を振り返えりながら、ここバンコクでガイド以外に何ができるのだろう、、いろいろ考えた「そうだ 俺は日本料理 大体なんでもできる!」 彼女と相談した挙句 ”握りずしを 巻きずしを”パックに入れて販売して回ろう、、、彼女もまんざらじゃなくはしゃいでいた。 早速 わずかな資金で日本米や材料を遠くの安いスーパーまで買い出しに行って、折詰のビニールケースやら割り箸やら、、、、準備万端 二人で一ケース8個入りの握り寿司弁当を10ケース完成させ、、、路上で販売して回った。 


引っ込み思案の彼女は恥ずかしがって、ほぼ販売不可能 わたしも作ったはいいが早く売らなくちゃいたんじゃう と思い一生懸命不慣れなタイ語で声をかけてやっとカットで完売した。 最後は半額にディスカウントしたため、二人で一生懸命やって得たお金は わずかに700バーツ2000円程度だった! 「ビーちゃん つかれたねー でも 全部売れてよかったね」 利益はわずかに200バーツ約550円 二人で一生懸命稼いだお金 重ーい 熱ーい ピカピカに光っていた二人の思い出の200バーツだっ


た。「あなたの好きなビールでも買って、乾杯しましょ^」彼女は言った、350ccのビール一缶28バーツと彼女は大好きなコーラ8バーツ 二人でコンビニで買って乾杯した。 

それから、しばらく二人で力を合わせて頑張った 大した利益ではなかった マッサージ屋さんの女の子 カラオケ店のママ オーダースーツ屋さんの人、、、病院の受付の人 決しておいしくはなかったが、すこしづつ人気も出てきた、、お客さんといろんな会話をして回った、、、タイの人とはタイ語で、インドの人とは英語で、、、会話の勉強にも励んだ。そして すこしずつ仲良くなっていった。 その頃 みんなは口をそろえて言っていた、「日本のお客さんが相変わらず少なくてねー、大変なんだよー」って、 私は毎日付き合いで買ってくれるこの人たちのために何かできることはないか考えた、、、

そうだ 日本語のホームページを作ってあげて、
日本のお客さんが一人でも多く訪れてくれるよう協力しよう!  
お店の宣伝 応援だ!

常連のお客さんのホームページを日本語で作ってあげた「料金は、いくらでもいいですよ」と、それでも 「ありがとう!」とみんなは沢山のお金を気持ちよく支払ってくれた。嬉しかった。そして 飛び込みでホームページ受注の仕事に励もうと、お弁当屋さんの営業もほどほどに、各大通り一軒一軒飛び込みで回った。 名刺を印刷し携帯電話も新しいのに変えて、、、スクンビット通りのスーツ街 ペッブリー通りのソープ街 タニヤのカラオケ街 片っ端からの飛び込み営業だった。 


それから毎日10件以上 約2か月間頑張った。 取れたホームページ契約数は合計約40店舗 大した貯金もできなかったが、「ビーちゃん 少したまったから 田舎に帰ろう!」私はそういって、二人で部屋を出て、ロッブリーの実家の近くの安ホテルに1ケ月宿泊した。 月約9000バーツ<25000円>だった。

「足も治ってきて、良かった良かった」である、ホテルにはプールも完備 部屋には快適のエアコン完備、彼女のほしがっていたピンク色の自転車を買ってあげ、二人乗りで周りの市場などに買い物に出かけた。アイスクリームを二人で食べながら、、、彼女に笑顔が戻ってきた!



男にとっての最高の宝物 それは愛する女の笑顔だ!

そして駆け巡ったあの田舎道、


日光の強い日差しを受けて、たわわに実ったマンゴーが

あちこちで気持ちよさそうに揺れていた。


まるで、自分たちを表すかのように、、、




地球よ! 人類よ!

  いつまでも青く輝け!


mangos.png



関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック