ここは愛を育み音楽に癒されながら 会話を楽しむ為の星 地球です!
お店にいらしたお年寄りの方に この曲のはいったテープと歌詞が欲しいと 聞かれましたがあいにくありませんでした インターネットが普及してるとは言え、高齢の方たちは 好きな音楽を聴いたり、歌詞を検索して印刷する事は困難なんだなあー って
思いました

「今日うちでyoutube からテープに何回か録音してあげますよ」

「あすの今頃 取りに来てくださいね! 大丈夫 歌詞も印刷して用意しときますよっ 」

そのおばあちゃんは とても嬉しそうに「楽しみにしてるわっ」 て 微笑んで
お帰りになりました

もちろん ただで差し上げたいと思います!こんな お茶の子些細の ことで喜んでもらえるのであれば こちらこそ 感謝して頂いてありがとうございます です、、

きっと なくした旦那さんとよく二人で聞いていらっしゃったんだろうと思います

いつまでも お元気で!



地球よ! 人類よ!

  いつまでも青く輝け! 


新土佐節 高知県民謡 歌詞 

きりぎりすは羽根で鳴くかよ 蝉ゃ腹で鳴く わたしゃ貴方の胸で泣くよ 
そうだそうだ まったくだよ

虫の音を 月にまかせて もう寝ましょうよと 目と目と合わせて 閉める窓よ
そうだそうだ まったくだよ

雷さんは粋な方だよ 戸を締めさせて 二人しっぽり 濡らした通り雨よ...
そうだそうだ まったくだよ

渡辺の綱にやりたや この片腕を  主と添い寝のじゃまになるよ
そうだそうだ まったくだよ

白鷺が 小首かしげて 二の足ふんで 一足一足 深くなるよ 
そうだそうだ まったくだよ

鈴虫が 声を限りに すすきの陰で 今年の秋に泣き別れよ
そうだそうだ まったくだよ

夜さ来い 晩に来いと 言わんすけれど 

来てみりゃ 真実 恋じゃない よさこい よさこい

猫は 三毛が良い 貰うはよけ(余計)が良い

遊ぶ相手は 後家が良い よさこい よさこい

新土佐節 高知県民謡

sintosabusi.png


以下引用文
♪きりぎりすは羽根で鳴くかよ 蝉ゃ腹で鳴く わたしゃ貴方の胸で泣くよ~
 
このあまりにも有名な唄の文句を知らない中高年のおっさん・旦那さんは先ずいないでしょうな~。

何とも色っぽい唄ですな~、私は江利チエミが歌っているのを聴いたことがありますが、

YouTubeのチエミの曲は民謡メロディPart2として奴さんやなんかと一緒に入っているので、

ちと古臭いが君江・玉葉・ぽん子という婆さん芸者トリオの唄をお聴きなはれ・・

これはこれで昔を偲ぶには中中ええもんでっしゃろう。

さてキリギリスは有名やが、他にどんな文句があるやろうと調べたんが上の歌詞で、

婆さんトリオの歌詞とは関係なく、特に婆さんの二番の歌詞がよう聞き取れませんが、

どなたか耳の良い御方、聞き取れたらコメしてくだされ。
(※投稿コメあり、早速加筆修正ーPM6;20タイ時間)

×    ×    ×

新土佐節っていつ頃出来たんやろうと見たら、どうやらよさこい節から転化したお座敷唄のようですな

もっともよさこい節も上歌詞の♭以下にあるように本来は夜這い唄が元歌のようで、

よさこいの語源は“夜さ来い”つまり夜に忍んでやって来いという意味らしいですな。

しかし「夜さ来い 晩に来い」と言われて「来てみりゃ 真実恋じゃない」、そりゃあたりまえじゃろうがなもし・・、

男はみんなそんなもんよ、次の「猫は三毛がエエ」の歌詞のほうが本音でっしゃろ。

追記

終戦後の皆さんたちはこんな曲に癒され、そして歯を食いしばって頑張っていらしたんだろうと思います、今の平和は今の多くのご老人たちの努力の結晶なんですね、大切に大事にしなければいけないと思います 高齢者の方たちを、、

小さな頃 なんか聞いたよな気もします なぜか懐かしい 宮崎でおじいちゃんの家で、、蒸気機関車の音が聞こえてきそうです いつの時代も いい時代です!

南国土佐節 大塚三春

イムジン河 / 悲しくてやりきれない 

石原裕次郎 デュエット

むかし小さな頃 石原裕次郎に似てるってよくいわれたなー

とことん80年代アイドルSpecial 1981~1989 2時間30分

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック