遥かなる時の行方  

賞賛しましょう 全てを

  岩満 志朗

親の言葉は菊の花 いつも笑顔のひまわりで  心清らか白百合(しらゆり)に  歩く姿は石楠花(しゃくなげ)の  愛を育め薔薇(バラ)の花   人の道それは、まるで野に咲く 清らかな 「 花 」 みたいだ

すべてをありがたく受け止め、社会の中で自分がどう求められ そしてどれほど認められるような生き方が出来ているのかが、幸せを実感できる尺度だと思う  

そして 常にみんなのためにが いい と思います!

自然が美しく見え、

 全てに感謝でき 

  賞賛できるようになれば 尚 「幸せ」 を

   実感できるのではないでしょうか?


つづく、、


地球よ! 人類よ!

 いつまでも青く輝け!


phc008.png





関連記事
スポンサーサイト
Posted by  岩満 志朗

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply