ここは愛を育み音楽に癒されながら 会話を楽しむ為の星 地球です!

大日如来  だいにちにょらい

マハー・ヴァイローチャナは、虚空にあまねく存在するという真言密教の教主 「万物の慈母」、「万物を総該した無限宇宙の全一」とされる汎神論的な仏 声字実相を突き詰めると、全ての宇宙は大日如来たる阿字に集約され、阿字の一字から全てが流出しているという


神仏習合の解釈では天照大神(大日孁貴)と同一視もされる 共に性別は女性である!


「無相の法身と無二無別なり(姿・形の無い永遠不滅の真理そのものと不可分である)」いう如来の一尊 摩訶毘盧遮那如来(まかびるしゃなにょらい)、大光明遍照(だいこうみょうへんじょう)とも呼ばれる

なお、

宇宙とはあらゆる存在物を包容する無限の空間と時間の広がり、および宇宙空間を指 大日如来は、無限宇宙に周遍する点では超越者だが、万物と共に在る点では内在者である 一者であり、万物を生成化育することで自己を現成し、如来の広大無辺な慈悲は万物の上に光被してやまないとされる


三世(過去・現在・未来、前世・現世・来世)にわたって常に説法しているとも説かれる それ如来の説法は必ず文字による

文字の所在は六塵其の体なり。六塵の本は法仏の三密即ち是れなり 如来の説法は必ず文字によっている。文字のあるところは、六種(視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚・思考)の対象をその本体とする この六種の対象の本質は、宇宙真理としての仏の身体・言語・意識の三つの神秘的な働きこそがそれである

この世はすべて神々の恩恵にて成り立ち 同時に我々人類は 成さなければならぬ義務と責任を背負い生かされて 常に神々の神髄と同調され生きている

世のため人の為 この真意を持たぬ者は、次元を落とされ 決してこの天国 青い星地球には甦れない紙幣に惑わされている 利己主義に走りすぎている魂は神々の世界ではウィルスとされ決して成仏は出来ない



自分を見つめ、謙虚に

感謝という魔法の杖を持つものこそ

真の意での大成者 といえよう!



地球よ! 人類よ!

 いつまでも青く輝け!


Mandala1_detail.jpg



関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック