遥かなる時の行方  

少し前の人類世界

  岩満 志朗

みなさん こんにちは

今日はドラマのご紹介です この作品は少し前の人類世界かもしれないですし、現実もこの延長線上に生かされているのかもしれないですね、、アンドロイドが少し前の人類 このドラマの中の来場者や世界の想像主を神様という視点で見ると、とても面白い作品だと思います、


人の心もデジタル化されて進化してきた



地球よ! 人類よ!

   いつまでも青く輝け、!



・・・

ウエストワールドは、人間そっくりに造られたアンドロイドたちを彼らにとっては仮想空間の中に暮らさせて、同じ日を何度も何度もタイムループをさせて、その世界に遊びに来た来場者である人間たちを体験型アトラクション世界でもてなすという趣旨、アンドロイドたちは娼婦・悪党・保安官など、各自の役割に沿ったシナリオがプログラミングされており、人間を傷つけることは決してできない、

大金を払ってこのアトラクションに来場した人間達はパーク内であれば自らの欲望のまま、時には殺人やレイプなど道徳に反する行動をとることも許されていた、しかしアトラクション内ではこれまで安全が保たれていたがアンドロイドたちが目覚めて人間に反抗をし始める、、抒情詩のような、進行が回想録のようで内容に脚本にとっても深みのある作品です、、シーズン2の方が10倍面白かったです、「 エンドレスランに乾杯 」 の記事のようで、、笑

シーズン1 
【 1. 目覚め  】

最先端技術を駆使し、壮大なスケールで作られた西部劇の世界の中で、人間が欲望のままに遊びつくすことができるアトラクション“ウエストワールド”。そこでは人間をもてなすために“ホスト”と呼ばれるアンドロイドたちが、シナリオ通りの日々を繰り返していた。ホストの記憶は毎回リセットされるのだが、ウエストワールドの開発者フォード博士があるプログラムを組み込んだことで不具合が現れ始める


west world


ありがとうございました、!

関連記事
スポンサーサイト
Posted by  岩満 志朗

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply