ここは愛を育み音楽に癒されながら 会話を楽しむ為の星 地球です!
b903518ff8aa842a09c045c6d0a13670_400x400.jpg

決して口にしてはならぬ物 命に係わる真実の情報です!

ゆうこうじょうちゅう 百科事典でお調べくださいませ! あなた様の未来のために


1.人間の歯は草食用 決して肉食の生き物ではない

2.人間の腸は長ーい草食用 肉食の内臓を装備してはいない

3.肉を多く食すと コレステロール値が上がり肝硬変などの病に陥る

4.雄同士の交尾 性行動を取る豚その肉を多く食す国に性異常者が多い
  
5.戦後 四足の肉食になり、日本国は癌が急増した

それでもあなたは食べて行きますか? 有害と言う事実を知りながら食欲に支配されて 子供まで巻き込んで、特に豚肉は最悪の恐ろしい物質だ、豚肉の赤みには小さな独立して生きていける生き物が生息し生肉に近いものを一口でも口にした瞬間  人間の体内でその生き物は孵化し産卵し人間の内臓をすべて取り巻く宿主と化する こんな恐ろしいものをみんなが食べているから平気だといって 食べている人たちはかわいそうである


【ゆうこうじょうちゅう】
生の豚を食べている人はみんな飼っている 条虫 体長約3メートル ひも状で片節の数は約900個あり、頭部の前端に大小の鉤(かぎ)状の突起が環状に並ぶ。人間を終宿主とし、腸内に寄生。中間宿主である豚肉を生食すると感染する

有鉤条虫が怖いのは終宿主にも中間宿主にもなる点です、もし消化管の中で成虫の一部が壊れて大量の卵がばらまかれると、人間の身体各所に幼虫が寄生します 豚の筋肉は人を固有宿主としている有鉤条虫の幼虫の寄生部位であり、生食すると感染する恐れがある 有鉤条虫に感染した場合、成虫が産卵した虫卵が小腸内で孵化し、身体各所に有鉤嚢虫が寄生する


生の豚肉を食べ続けるとこうなる 
120517tapeworm.jpg



正体映像

b903518ff8aa842a09c045c6d0a13670_400x400.jpg


以下百科事典等による引用文です


脳の有鉤条虫

有鉤条虫が脳に達して起こる神経系の寄生虫感染症は「神経嚢虫症(Neurocysticercosis、NCC)」と呼ばれます。感染した脳の神経の写真を見ると、まるで日なたで腐っていく虫喰いリンゴ。ぶどうのような白っぽい腫瘍が随所にできており、虫が頭蓋に穴を掘って這い回ったかのようです。

どう脳に入るのか?
ふつう条虫感染「条虫症(Taeniasis)」は豚との接触で起こります よくある感染ルートは完全に火が通ってない豚肉

豚のお話です

卵は断続的に便に混じって体外に出ます 豚はは自分の糞(ふん)を食べるので 豚が便に汚染された餌を食べると、豚の体内に又入りますそこで卵が孵って、幼虫が豚の血に入り、細い血管の中や筋肉組織の中に棲み着きそれを人間が食べると、幼虫が今度は食べた人間の血に入り、巡り巡って脳にゆき、脳室内で大きくなって嚢胞(写真のぶどう状のもの)を形成

NCCの症状として認められる

次回ポークチョップ食べる時は火が通ってるかダブルチェックをお忘れなく

どんな症状が出るのか

条虫で脳の液体の流れが滞ると、脳に水が溜まって水頭症(脳水腫)になる恐れもあり、これが引いては脳ヘルニア、脳卒中、昏迷(知覚まひ)、昏睡を起こし、最悪の場合、死に至るのです。卵から成虫になって死ぬまで、まったく宿主は知らずに過ごしちゃうこともあります虫も不死身じゃないのでいつかは死ぬんですが、死んでひと安心と思ったら大間違い。脳の条虫の死がキッカケで宿主の体に免疫反応が起こると、脳腫脹や発作になったりするので要注意です。

しかもこうした問題は寄生虫が死んでから何年も続くのです、嚢胞は石灰化して残るので。恐ろしき条虫 虫です!

でも、珍しい病気なのか

NCCは主に衛生インフラが整備されていない途上国で起こる疾患と言われますが、他の脳疾患に誤診されるケースも多いため、実際は発症頻度は掴みづらいのが現状です。NCCと断定するのには、状況証拠(同じ世帯内に条虫感染者がいる人はNCCを発症する場合が多い)と、この病気に顕著な頭蓋の穴を捉えたMRI、この両方が揃ってないと十分な証拠とは言えないんです。

Discover Magazineの記事では、アメリカ国立衛生研究所(NIH)胃腸寄生虫部門チーフのセオドル・ナッシュ(Theodore Nash)氏が
米国内で1500〜2000人がこの病気に罹っている、と見積もってます。が、実際の数はこれよりずっと高い可能性もあるし、本当のところは彼らにもよく分かってないんですね。ナッシュ氏は同僚と一緒に主に南米の状況を血液検査・CTスキャンで調べているのですが、南米の疾患者数は100万~2900万人にも上るといいます。

世界が抱えるとても重要な衛生問題だし、もっと注目されるべきだと氏は話していますよ。

治療はあるの?

これが微妙で、'80年代半ばに開発されたプラジカンテルという薬があることはあるんですが、Discoverの記事にもあるように、この脳内で条虫の幼虫を殺す薬は、強過ぎて腫れが悪化する人もいるという問題を抱えているんですね。そのため現在ナッシュ氏のような医師たちが注力しているのは、豚の予防接種や、腸に条虫がある段階で患者さんに投薬することで侵攻を食い止めるといった予防策の方だ、ということです。

豚自体が保有している豚ヘルペスウィルスやトキソプラズマ、E型肝炎などの感染症にかかる恐れがある。更に、屠畜流通段階に於いては、カンピロバクター、リステリアほかの食中毒原因菌汚染の可能性がある、後述のSPF豚肉といえども流通過程で非SPF豚と同じ経路で食肉処理されるため熱調理が必要であるまた、生食用の豚肉は流通しておらずすべて加熱用である ドイツには
ライン川沿岸部で冬によく食べられるMett(メット)と言う豚の生赤身挽肉で作った料理がある。

獣医師による寄生虫検査が徹底されて流通している肉であるが、日本国内の衛生基準には適合していない。一般的に冷涼なドイツと多湿な日本では細菌の繁殖状況が異なるので模倣するのは危険である。


【聖書は歴史書であり 宗教の教本ではない】

第六日目には、家畜、土を這う物、地の獣を作り、 そして、終わりに神は御自分にかたどって人を創造された。男と女に創造された。 そして、神の似姿として作られた男女を次のように祝福された。 生めよ、増えよ、地に満ちて地を従わせよ。海の魚、空の鳥、地の上を這う生き物をすべて支配せよ!

1:30 地の獣、空の鳥、地を這うものなど、すべて命あるものにはあらゆる青草を食べさせよう。最後に神はお造りになったすべてのものをご覧になり  その後、、、は隠蔽されました!
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック