ここは愛を育み音楽に癒されながら 会話を楽しむ為の星 地球です!
tennkuu.jpg

みなさん こんにちは 

今日は私達の意識や考えは神様のいらっしゃる天空のお城でいつも見られていて、品評会が行われているという そんな 空想のお話をさせていただきます、読めば読むほどつじつまが合うので、そうじゃないのかな? って思われる方も中にはいらっしゃるのかなって 思います、私自身の他次元での体験では 私の考えや話が他の人たちに常に伝わっていて、どの人に聞いても、知らない人ですら 「  あなた様の お声や考えがいつも聞こえていましたよ! 」 っておっしゃる、 こんな実体験を元にした空想記事です!


では、


夢は人の死後たどり着く別世界と同じ そして心の試験場 さらに 神からのメッセージ 

夢の解読を考える 魂とは心 記憶とはメモリー 字のごとくSDカードのようなものだと思う この世を創造 監視 テストを繰り返していらっしゃる「神々さま」は、睡眠と同時に、SDカードを入れ替える 寝たままで、目もつぶっている人々は一斉に記憶を置き換えられて多次元の世界で、歩き回るのである!

しかも、この現実では95%が施錠され5%の能力で生きているのだが 招待された多次元では施錠が解かれることがあり、空を飛べたり、水中で呼吸ができたり、壁を通り抜けたり様々な、元々備わっていた人類の得意技が可能となるわけである さらに18段階の霊格が昇進していくと、ここは夢の世界であることに気づくように許しが下りる!

そして そんな環境下でどのような行動をとるのか?

神々のモニター天空では、多くのギャラリーが映画を見ているかのように、見守り 期待し魂の品評会を行っていらっしゃるのであろう そこには 大日如来様やイエスキリスト様 天照大神様 そうそうたる神々様が きっと酒を酌み交わしながら宴会をされていらっしゃるのかもしれないそして、同時に その魂に対しての警告やメッセージを暖かく送っても下さっているのであろう!

神々様にとって、無一物中無尽蔵

この世は無でもあり 限りなく作れる宝庫でもある 物を消したり 作り出したりすることも 朝飯前記憶を作れるのだから、人だって消せる 地球は昨今98,000球 だそうです、さらに、一人ひとり目の前に広がる光景は 同じ時間 同じ場所にいても 全く同じではないような気がする 味覚や 臭覚 も含めてである、なので、美しき 感謝ある心でいれば 何も 心配することもないし

お金は必要な時に目の前に現れてくる そう思います、



★ 神様からのメッセージ 夢 ☆

大きな魚が釣れた 水が押し寄せてくる  _  大吉の夢

蛇 大きな蛇であれば大きいほど _  大金を得る

馬 _ 職場での昇進 

落下 、 揺れ _  罰の予告

歯が抜ける _ 大凶の夢

空を飛んで回る _ 自由がほしい状態

靴がない 歩けない _ 基盤を見つめなおせ

崖をよじ登りきる _ 認められた証拠

犬と戯れたり 顔をなめられたり _ 愛が深い

知り合いの死 _ その人に幸福が来る

スキーで滑る、エレベーターで降りる _ 心を入れ替えなさい 運が落ちる前兆

髪の毛が抜ける はげてる _ 思考が浅はかだ

お金を盗まれる _ 利他愛がどれほどあるかのテスト

お金の様相が変わる _ 「 ここは夢の世界よって 」 いう招待券

異性が色気で迫ってくる _ 性欲 動物ではないかのテスト

目の前に広がる水の様相 _ あなたの心の美しさ

大きな虎 熊 化け物と逃げずに向かい合う _ 勇敢な証拠

火の夢 _ 衝突の前兆 喧嘩や口論 となりやすいので穏やかにしましょう!

夢の世界が初めから夢の世界だと分かる _ 神の世界へ最終合格試験場




過去の災難など誰一人 受けたことはありません、最悪の状態からの危険回避であり、救助の結末です!私たちはベストウェイを歩んできたのであり その結果のこの一瞬が最高峰に立っているんです

それに現在は存在しません 時が止まらない限り 時の概念でいうと、全ては、過去ですから


死は死にたくても 死神様が迎えに来てくれなければ死ねません 自殺は最悪の神への冒涜であり 殺神行為!二度と生まれ変われない 重罪だそうです、死ぬ気になれば、何だってできる 常にめげることなく 前を 上だけを見ながら大切な人生行路の羅針盤を大切に生きてゆきたいものです!


  

あきらめない限り 敗北なし

   満足は妥協の上に立つ!






人類よ 地球よ

    いつまでも青く輝け!




関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック