ここは愛を育み音楽に癒されながら 会話を楽しむ為の星 地球です!



この世への提案

1.農業を厚く支えて行くべき
  AIが進み 人員削減は間もなく => 教育 医師 役所 工場、、、
  残るは農業だけだ!


2.空からの防備を備えるべき
  地球は無防備そのものである、
  どれほど異星人が占拠しているのかも計り知れない
  =>レプタリアン は、はしゃぎまわっている ____※1


3.磁力線の研究で空気から電力を
  試作品は某国で日本人研究者により完成している 
  =>日産自動車は電気自動車の中にこの技術を入れたようですね つまり実用化として動き出した これからは空飛ぶジェットスター が燃料なしで飛び回る 交通事故も無くなりますねー
本日2017/02/15 アメリカが空気より電力が取れる技術を正式に発表したようです、 _※2


4.公務員を減らし公共設備を皆無とし減税を
  =>未来の子供たちへの負債は1000兆円 
     大概いい加減にしてほしい!
     政に携わる人全員の個人収益 資産の調査を徹底せよ!
     賄賂や裏金は消える! 
     見つかった時点で 韓国のように 始末すればいい!


5.国民総投票で法律を 国家予算を
  インターネットの普及と
  国民全員の番号振り付け
  このインフラを利用すればいいだけ


6.違法をなくすための法改正
  病院は119番も含めて尿検査を義務付ける
  歯医者も外科も薬局での購入も全て、すればだれも手を出せない!
  さらに
  =>10歳で全員指紋 18歳で全員指紋 声紋 義務付ける!
     一発検挙 だれも盗みや、オレオレ詐欺には手を出せない!


7.車のナンバープレートにチップを
 => スピード違反 駐停車違反 一発検挙

一部 実現しましたね 早速浮気も何もかも追跡されていい世界になりそう 鍵をかけないから 泥棒が入る 犯罪者に壁を作らないから犯罪は消えない!




8.育児手当や出産祝いを大幅に是正すべき
 => 子供を増やさないと日本は消える!
  二人目からは保育園 公立学校はただにする!
  大学も含めて 


9.会社 法人などに特に大手 激しい重課税を徹底し、個人事業主に対する税や 相続税 国民年金 国民健康保険等を 皆無に近く減税する! やがて 会社はなくなるが、個人の家で出社しなくても済む オンザテーブル インターネット事業が拡散していく! オンザテーブルとは、情報や技術を基に様々な分野の取引を、一つの大きなテーブルの上で公明正大に取引できる未来の画期的な商業体系である!


10.津波 核爆弾 空からの空爆 に備えてのスーパーシェルターハウス
 => エレベーターのシャフト構造を基本に、三階建ての家が 二階建てになったり 平屋の一階建てになったり、更地になったり、地下五階から地下三階までの三相なる地下シェルターになったりする 駆動は油圧ポンプで速やかに上下させる!
長期間の外出時にも泥棒の心配はない! 田舎の制限なしの用途地域を見つけて、安く土地を購入し こんなスーパーシェルターハウスがヨーロッパでは広がるだろう、現に地下シェルターはかなり普及している文化だし!

立地が可能なら小高い山の傾斜地に建物を建てて真横に30m位 山の地中にスライドさせる こんなのもいいかも、?


11.世界の時刻 日時を一つに
 =>日が照ってようが なかろうが時間は過ぎて行くのだから 世界どこでも同じ日時にするべき、
    詳細は記事 「先頭国はキリバス国」 に

                        



打たれたくなキャー 出なきゃー いい 

       でも みんな死んじゃう!




 地球よ! 人類よ!

  いつまでも青く輝け!



※1: レプタリアンとは百科事典より

■ヒト型爬虫類(ヒトがたはちゅうるい、Reptilian humanoids)とは、
地球上でヒトに紛れて潜伏し進化した存在である  他にも地球外生命(ET)の生き残りなど様々な説もある。ヒト型爬虫類は、文脈に応じて様々な名称が与えられている。スネークピープル(Snakepeople)、レプトイド(Reptoids)、ディノサウロイド(Dinosauroids)、リザードフォーク(Lizardfolk)、リザードマン(Lizardmen)、チタウリ(Chitauri)は、その一例である。

■「レプティリアン・ヒューマノイド」も一般的な名称である。和名に一般的なものはないが、「レプティリアン」(reptilian)は、「爬虫類」を意味する「レプタイル」(reptile)の形容詞形であり、本項目では「爬虫類に属する」という意味[1]で解釈する。また、「ヒューマノイド」(humanoid)は、名詞で「人間の形をしたもの」という意味[1]がある。以上より本項目では、英名を「人間のような姿をしているが、爬虫類的要素をもつ正体不明の生物」と解釈し、「ヒト(人間の学名)型の爬虫類」と呼ぶことにする。
なお冒頭で挙げたヒト型爬虫類の別名は、文献によって次のような訳語が与えられることがある。

Reptilian レプティリアン 爬虫類型ヒューマノイド 人間類似爬虫類 爬虫類人

■伝承上のヒト型爬虫類
古今東西あらゆる文化において、いろいろに描写されるヒト型爬虫類は、神話や伝承において広くみられる。
ヨーロッパ
アテナイの初代王(King of Ahens)であるケクロプスは、半人半蛇とされる。例として、これはペルガモンの大祭壇(Altar)にあるフリーズ(Frieze)と呼ばれる装飾壁に描かれている。ギガース(巨人族)などの描写もみられる、これらのペルガモンの彫刻のひとつに、両脚の間に巨大な蛇がいるクリュテロス(Klyteros)という巨人がみられる。北風をつかさどるギリシャ神であるアネモイも、ギリシャの地理学者であるパウサニアスによって両脚の間に蛇がいる、翼をもった男として描かれている[13]。古代ギリシャの一部で崇拝の対象であったグリュコン(Glycon)は、顔が人間である、蛇の神である

■未確認飛行物体
現代において、ヒト型爬虫類に遭遇したことがあると主張する人々がいる。このような場合、事件の多くが未確認飛行物体(UFO)がその一端を担っており、エイリアンによる誘拐事件(alien abduction)の証言には、ときおりヒト型爬虫類との接触が言及される


※2:空気から電力が実現化<MSNニュース 2017/02/15より引用>

■ペンシルベニア州立大学の研究者が、CO2と空気から電力を生み出すバッテリー「pH勾配フローセル」を開発しました。基本的には、バナジウム溶液を使う一般的なフローセル(レドックス・フロー電池)と同じ仕組みですが、この電池の場合は、工場などで大量に排出されるCO2を溶液化して使うのが大きな特徴です CO2からエネルギーを生み出せるフローセルは、薄い隔膜で仕切った容器を陰極と陽極で挟み込み、そこにpHの異なる2種類の溶液を満たすことで、隔膜を通過するイオンが発生して電力を得ます。

■今回の「pH勾配フローセル」では、陰極側に工場などで排出される高濃度のCO2を溶かし込んだ溶液(低pH)を、陽極側には空気をくぐらせて得た高pH溶液を使い、それぞれポンプを使って循環させます。すると溶液内のイオンが隔膜を通過して移動し、電極間に電圧を生じさせる仕組みです、通常のフローセルであれば隔膜を通過するイオンがなくなれば、充電操作や溶液を入れ替える必要が発生します。しかし、このCO2を使う方式の場合は、双方のタンクにCO2とエアーを通過させてpHを維持することで常に電力を生み出せる状態に保たれるようになっています また、フローセルといえば一般的にはエネルギー密度が低いのが難点とされます。しかし研究者はCO2を使うこの電池のエネルギー密度がこれまでの同種の電池にくらべておよそ200倍も効率的だと主張しており、今後の研究が進むにつれてさらに高効率化できる可能性もあるとしています

もしもそれが本当ならば、かなり将来が有望な技術となりえるかもしれません、とはいえ、現時点ではまだ実験での確認ができただけの段階。産業の現場などで実用的なレベルにまで大規模化した場合にどうなるか、経済的な面で現実的かといったことも、これからわかってくるはずです 研究者らは現在、「どのような溶液の状態が最大のエネルギーを取り出せるのか」を検討中。また将来的な目標として、化石燃料を使う発電システムにフローセルを組み合わせ、継続的に排出されるCO2を利用できるようにしたいとのこと どちらかと言えばエコちなみに今回発表されたpH勾配フローセルは、CO2を再利用するものの排出CO2がなくなるわけでもありません。ただ、そのままだと放出するだけのCO2からさらにエネルギーを


god_2016111212112827c.jpg








関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック