ここは愛を育み音楽に癒されながら 会話を楽しむ為の星 地球です!
これは小説です、実話かどうかは読者の皆様方にお任せいたします、

48d1c6754ac502628ac857bacaf3ad05.jpg

バスで三時間 サラブリーを越えて さらにチェンマイの方向へ向かったところ ロッブリー そこが彼女の生まれ育った実家である、最終のバス停で 降りて、彼女はお父さんへ電話をし迎えに来てもらうように伝えたようだった! 時間はもう夕方になり薄っすらとした光景であった、



「ポー マー レオ!」 としばらくすると彼女は嬉しそうにそう言った 
あっ お父さんが来てくれた と言う意味だ。


 「ビーちゃん マイミー パン ハーナ!  
 コトーナ カムランチャイナ ポム チャ パイ ナ」 


ビーちゃん 大丈夫? ごめんね、これから頑張るんだよー 僕は帰るからね、と 最後の言葉を残して 別れのキスも 抱擁もなく彼女を見送り ダイヤモンドタワーコンドミニアムの時と同じように、お父さんの車の後姿を呆然と全身の力が抜けたように見送っている 自分がいた 彼女はこちらを振り向くことなく、はしゃいでいる様子であった、あの窓ガラスに手を当てて涙ぐむ彼女の思いも消えて、、


仕方ない、4年間共にした彼女の魂は とっくに旅だっているんだし さっきの人は見知らぬ人なんだ 彼女からしても同じく私は見知らぬ日本人 と 言い聞かせて、最終バスの発車時間まで彼女との思い出を 思い浮かべては涙し、後悔の思いはとどまることを知らなかった!

 「あー もっと もっと 大切にしてあげれば良かった ごめんね 本当に!」


だーれも友達がいない ダジャレや人をおかしくさせようって言ってた言葉も下手で、、、
二人貧困生活 ボロボロの靴や洋服で何一つ不満も言わず、笑ってくれていた、彼女だ


もともと天上界から降りて来ていた沢山のさっきの彼女の守護霊様だったんだろう



辛すぎた、、、

               
                                                 完。。

robburi-1.jpg




 地球よ! 人類よ!

   いつまでも青く輝け!





■ 希望に満ちた安全な広告です、!













■とってもお得 docomoの携帯からでないと申し込みはできないようです、!
































■ リンク集 >>  イメージクリックで記事へ




















































関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック