ここは愛を育み音楽に癒されながら 会話を楽しむ為の星 地球です!
0703 bbx


みなさん こんにちは

今日また感動のシーンを頂きました、南郷郵便局へ立ち寄ってきたのですが、なんと あの時の若者が上司さんと同僚と三人で 私の目の前に立っていたのです、、

会話 >

「 じゃと じゃと 二万円くらいおろしちょけば 後は会社がだすかい だいじょうぶやがー 」

と二人を連れた 上司さんが円満の笑顔で キャシュディスペンサーの前に 

「 あり  がとうござ い ます」

    「 あ りがと うござい ます」


と 


もう一人の男の子が 私の横にふわりと座って 
にこやかに見つめてきた 、


「 カンボジアから ですか? 」

    「 ベトナムから来ましたー 」

「 日本は どうですか?- 」

    「 みんな やさしくて よ  かった ですー 」


と 満点の笑顔で、、あー よかったねー 
あの時と同じ 青い上下のつなぎの制服姿が目ににじむ


   「 あのー 僕は 日本人ですかいねー 」

と 連れ添いの人のよさそうな上司さんが話しかけてくる


私は

 「 とっても す ばらしい ですわー 」


と また いつのまにか涙ぐんでいた 
こえも たえだえと 


いやー すばらしい いい光栄と 優しさに包まれた
あの 南郷郵便局でした、、


しっかし なんといいう タイミング 
神様の演技じゃないの? と思うくらい 
と 思いながら、、 

奥の女性社員さんがちらちらと こちらを見てるし、、、


温かくベトナムの青年達を見守る上司さんへ
感激しました、世界一 素敵な 笑顔と後姿でした、、


ide_2.jpg



では 今日の記事に移ります

今日は今まではあまり実感として感じなかったことについてお話してみたいと思います、そうです 私達の住む星 地球からの大きな恩恵についてです、、長い間 海外に暮らしてまして、その前はずーっと 会社の経営 その前は 受験受験と 勉強机に朝6時から夜中の12時まで強制就学させられておりまして、事実上は、ほとんどは勉強の振りで、人のいう事を聞かない性格なのでまじめに取り組んだことは一度もないのが正直なところなのですが、


  このような環境下で、地球からの恩恵など全く無関心 蚊帳の外 
  了見が狭すぎていたということに他ならないのです、


そして 帰国後様々さまざまなる不祥事の中、ここ一年ほどは おとなしく田舎の実家にいるわけですが 当然 窓から見える 田んぼや畑の景色も季節により彩を変えて、またそこに精をこめて働いてらっしゃる人たちの後姿をじーっと見つめていると 考え方もすこしづつ広がりを見せて、、

ときどき 「 精が出ますねー 」 と知らない人にでも 声をかけて楽しい時間をすごさせて頂いております、でも みな なぜか 全員が私のことを知っていて 「 志朗君やろー? 大変やったねー 」 とかいって みな全て知っているんです 全てをです それで懐かしい温かい笑顔で話をしてくださって、、とっても恐縮というか ありがたいっていうか、、幸せ者だと感謝いたしております

さて、本題に入りたいのですが 一番驚いたのは植物の成長の早さです、すさまじい 早さです 花も稲も きゅうりもトマトも ポンカン園の中の桃も ビワの実も そして、目の前に広がる オクラ畑のオクラも どんどん日に日に大きくなって 緑が大きくなり、花が咲き 実がつき さらに、ぐんぐんと 大きくたわわに実っていくのです、 時々、時間が飛んでるんじゃないのかな? っていうくらいに 早いんです

本玄関の前には100坪以上の庭が広がってまして そこが一晩で満開のバラ園になったり、デンドロビューム だったかな 名前? 木の幹に張り付いている南国の白い花なんですが、どんどん増えていって 真っ白い花を何日も咲き続けていますし、最近はこの植物の形態を観察しつつ 次は何を植えて どう成長して どうなるのかあたらしい植物学の道が目の前に広がったようで楽しくてしょうがありません


神様って 凄いです 


自然を作ってくださって 循環してるんですね 人の排出物が植物の栄養となって、、太陽が光をさして光合成で栄養を植物が作り出して、花が咲き 実になって それをまた人が食べて、、水の循環もそうですね 乾燥して 蒸気は上空へ集まり冷却されて雲になり そして、低気圧の訪れで それがまた雨になって大地に降り注ぎ 凄いと思います

今から15000年前には世界で始めての文明開化を果たした 僕らのご先祖さまたちも この日本のような四季折々 豊かな海に囲まれて それはそれは 天国のような日々を送っていたのではないのかなと 笑みを浮かべて想像する次第です、、


この豊かな台地からの恵みに感謝して、みなさんも 農業とか 漁業への新たな道も選択肢はあるわけですが、田舎がおありの方なら尚いっそう 一度お考えになってみては いかがなものでしょうか?

宮崎県串間市 私の住む農園の広がる 豊かな台地は みなさまのお越しを 笑顔で迎えてくれると思います、ここ数年 100人ほどの都会からの移住者の方々 東京や 茨城や 東北から みんな笑顔で幸せそう 塩を作っている人もいれば ビール工場を企画している人もいらっしゃるし とっても うれしきことだと思っております、JAの所長さん 支所の所長さん みんな素敵な笑顔でいいところ ですねー 


うれしき 故郷です 
みんなと 仲よう していきたいものです、!

日本ほど幸せな そして心豊かな国はないと思います
ありがとうございました。。!


   故郷に 乾杯、!




地球よ! 人類よ!

   いつまでも青く輝け!



toi_h_a2_05.jpg
地元の行事 神事 「 火祭り 」






◆ 本日もお越し頂きましてありがとうございます!












関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック