遥かなる時の行方  

御正道を歩みましょう!

  岩満 志朗

みなさん こんにちは

今日はどこに行ったって、だーれも教えてはくれないこの世で一番恐ろしいもの 「 違法薬物 覚せい剤 」 についてお話してみたいと思います、お守り代わりに是非、お見知りおきを!


まずこの薬の生い立ちからお話し致しますね、第二次世界大戦中に世界で初めて開発された薬、しかも開発したのは日本人です この薬の目的は戦争に勝つための最終手段であった玉砕部隊 特攻隊の軍隊をより強固なものにする為のものでした、


詳細としては1893年、科学者長井長義と三浦謹之助の手によりメタンフェタミンが生成されて覚せい剤と言う名で軍に送られました、当時の日本は日清戦争 日露戦争 連勝さらに東南アジアへも進出し一時期は、ロシア 中国 東南アジア一帯を全て占領した世界一の強さを誇る大国になっていました、しかし各諸国から何も資源食料などの協力に閉ざされてパールハーバー 真珠湾攻撃への道を選ばざるを得ず 大国アメリカに宣戦してしまったのです、数年にもわたる戦いの上、終戦前に日本軍は特攻隊ゼロ戦で片道の燃料だけ積ませ隊員に覚せい剤をうって突撃させたのです!

事実です 


鹿児島の知覧から若き凛々しき少年たちが大切な家族の写真を胸に一機 一機と飛び立って行く、友の陰に見送られ限りなき涙にうもれながら、現在の知覧の施設内には宿舎やその特攻の飛び立った空港跡もほぼ当時のまま残されていて、博物館内には沢山の母上さま宛てのお手紙がとても神々しきかな 美しき思いと共に綴られてその場で目の当たりにした綴りが 突撃されて戦死された方の最後の綴りとなってしっまった わけです、


当時の18歳前後の少年たちを特攻までの精神に変えれたのも この 「 覚醒剤 」 の仕業なのかもしれません、意識が飛びすぎてコントロールされ安くなるし、あの有名な「サリン」で騒がせた宗教団体もこのような薬で一般の人々を縛り付けていたようです、このような悲しい沙汰で日本国から誕生した覚せい剤ですが、いったいなぜ禁止されているのかをご説明させて頂きます!


まずこの薬は一度やりだしたら死ぬまで薬の奴隷となりほぼやめることは出来なくなります、なぜか? ものすごく脳が活性化するために技量が全てグレードアップします 喧嘩も格闘も学習も歌も男女の営みも何しろ通常5%しか働いてはいない脳が10%位にまで活発に覚醒するのですから、一度でもその世界を経験した人は日常のこの普通の世界に 「 物足りなさ 」 を感じて、結局 全資産を薬に次ぎ込んで、死ぬまでやり続けてしまう 所謂 「 薬の奴隷 」 となってしまう 当然のことだと思います 自然の摂理と強力な覚醒作用で誰でもそうなると思います、


もしも あなたがやってみたいと思われるのでしたら、どうぞあなたさまのご自由です! ただし、こんなことが書かれていました、覚せい剤に手を出してもしやり続けたら 三か月もしない内に必ず行く場所 三か所

1.刑務所 2.精神病院 3.葬儀場

もう一回言いますね、この薬は脳を活性化します 特に性欲には抜群です、やめられなくなります そして行き着く先には 三か所

1.刑務所 2.精神病院 3.葬儀場

苦しんだご経験のあるダルクのお方の著書からです 
    


おやりになるのはご自由ですが、人は自分勝手に生きて死んでいってもよいのでしょうか? どれだけ周りの人が心配したり 嘆いたりするのかを考えたら、決して勝手にわが身を 「 死の方向 」 へ向かわせてはいけないのではないのでしょうか? 上記文章を何度か読み直して頂いて、絶対に手を出さないと誓っていただきましたら幸いです!

それと ここが重要! 

この薬に手を出している友達がいたら、すぐに手を切ってください、助けようなんて思ったら大間違い、飲み物とかに注がれて、ホテルに連れていかれたり、一緒に逮捕されたり気がくるって屋上から飛び降りなければならない 羽目に100%なりますから、だそうです!


この薬をやっている人が周りにいたらだまって逃げてください! 助けられません 自分も逮捕されるか薬の奴隷となり人によっては 「 即死状態 」 になることもあるそうです この薬、少しはいいだろうとちょびちょび結局やめられずに続けたとしましょう 主に性欲のためになんですが、徐々に異常値が上がっていきます、目は真平き 「 あっ やってるこの人っ 変な薬 」 て誰もが見ても分かるような 普通ではない仕草と落ち着き無さに代わり異常値も上昇していきます、また体臭もひどく成って本人は気がつかないだけで、あせもやたらかいている状態が続きます!、


そしていったん 接種を出来ない羽目になり つまり、変な行動を起こしつかまり留置場で2年入ったとします、出所します で またやります そうすると最後に手を出した異常値の高さまで 一気に戻ってしまうんです、、、

しばらくやめといたから、徐々にだろうではなく、一気に 
最後のやった時の 異常値に少量でも即座に戻ってしまうという事です


改善不可能なる 恐ろしき薬です、遊び半分でも絶対に危険ですよね! 飲んでも 塗っても 吸っても 注射器でうっても 効能を発揮する特攻隊用に作られた常軌を逸した 「 覚醒反応 」 を引き起こす 恐ろしき、覚せい剤 他にも マリファナ ハシッシ ヘロイン LSD 青い錠剤の名前は知りませんが新製品 がありますが、いずれにしても行く場所は同じですから、そんな人を見かけたら助けられませんから全力で逃げてください! 遊び半分でも手を出したら 行先は三か所

1.刑務所 2.精神病院 3.葬儀場 


社会には薬以外にでも、様々な 霊感商法 不法な宗教団体 法に触れる連鎖販売 マルチ ねずみこう販売団体 悪の手はわんさか皆さんのまわりで 常にうごいめきながらあなたのすきを狙っては近づいて来ます 特に弱き人に向かって です 

気をつけましょうね!


最後に、自分の体って自分のものではありません、神様からのお借りもの それがあなたの体です 借り物は大切に使うのが礼儀であるし 心や体に傷をつけるという行為は神への冒涜に当たる行為です! もっと 自分の体も人の体も物も 全てのものに対して感謝の意で大切にして生きて行きたいものです そしてバラ色の人生を夢見ながら

 御正道を歩みましょう!





地球よ! 人類よ!

   いつまでも青く輝け、!



hino.jpg

※本文の薬に関する記載事実の収集はダルク様出版の本からの情報です! ダルクとは、覚せい剤、シンナー、市販薬 、危険ドラック、等の薬物から解放されるためのプログラムを持つ全国にある民間の 「 薬物依存症リハビリ施設 」です! 天使の最後の 「 駆け込み寺 」 とも言えますね、 では
関連記事
スポンサーサイト
Posted by  岩満 志朗

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply