Archive2014年05月 1/1

手と手を取り合って

人はそれぞれ何らかの使命を受けてこの世に生を受けている そしてその使命は自分では気がつくすべもない いつの間にか無意識に進むべき道へたどり着くことにはなるだろうが  自分の使命 天命  それを全うすることができればこの上も無き感激の人生となりうるだろう最も心がけなければならないこと  人々のために一生懸命にやって 満足していただける 次に心がけなければならないこと 人々のために一生懸命やって でも...

  • 0
  • 0