Archive2014年06月 1/1

人類創世 Ⅱ

人類創生は遥か数十億年前にさかのぼる、神々の手で造られた初めての人類は神々の型を模範して男女に分けて作られた、病気も無く 老化も無く 寿命も永遠だった。その後人類は生殖活動ばかりを楽しみとしどんどん増加して行った。神々は空虚な魂の人間を観察し 自分たちで一人一人の人間たちを管理していくために、爬虫類星人と協議し人間の病気や老化 寿命 夢 意識を遠隔コントロールするためのナノ通信細胞体を人類の血液に...

  • 0
  • 0

青い船で

死後 目に見える「財」や「お金」は無意味となりますその時を想像してもらいたい、素っ裸の状態で天上界へ戻るのである、さて あなたは天上界への案内の神様にまず何とご挨拶されますか? 心のアルバムは完全に消去され価値観という宝物を握り締めて あなたは?「ここは どこですか? 私は死んだんですか?」こんな問いかけが多いことでしょうそして 神は微笑みながら新しい新天地にあなたをご案内して下さることででしょう ...

  • 0
  • 0

今が人生の頂点

夢は白黒っていう人と カラ―っていう人 匂いが有るって人と 匂いはないっていう人 どうして 同じ人間なのに 備わっているもの 体験できる範囲が異なっているのであろうか?人はすべて自分と同じなんだって 思ってはいけない 象徴的な事実であるここは夢の世界だって分りながら、夢の世界で 探索したり 空を飛んでみたり いろんなことの可能な世界  食べ物だって普通にとってもおいしい、でも 考えてみたら空を楽しく...

  • 0
  • 0

遥かなる旅立ち 昇華

カルマの法則 とう言葉を耳にする  人が何度も輪廻転生を繰り返しながら生まれ変わると言われている宗教用語 過去の記憶は消され、さらなる愛を育み 価値観を磨く 人間の魂の宿命 では 生まれ変わるという仕組みや時期はいつ起こるのであろうか?単純に考えれば、死にいたり、そして、「おぎゃーっ」 て新たな体に魂が移された時 が 一般的な回答であろうしかし、そうでないケースも起こりうる次元を超えた新たな世界...

  • 0
  • 0