遥かなる時の行方  

ホワイトマジック

 岩満 志朗

みなさま おはようございます、!

今日はこのようなタイトルでお話してみたいと思います、まず人の腸内の様子ですが健康な状態を保ってくれる善玉菌と病気の原因を体中へ送り出してしまう悪玉菌が腸内には約3割ほどいます、そして残りの7割は日和見菌>ひよりみきん と呼ばれる日本人の性格にとても似た、長いものには巻かれろ精神のいわば 個々の意識体です、びっくりですよね?


この日和見菌は通常、健康な体を持つ人にとっては、全く害のない無害な菌です しかし、体調の悪化やストレス、老化などによって免疫力が低下すると、悪玉菌が増えるようになります 悪玉菌が増えると、腸内の日和見菌は悪玉菌に傾き、体に害を与える病気の原因菌になってしまいます、さらにこの日和見菌は腸内以外の内臓に侵入し、さまざまな病気を引き起こしてしまうそうです


個別の意識を持った生き物が、沢山自分の腸内に存在していること自体
人体こそ、まるで大宇宙のようです、


このようなことを踏まえて、最新の医学研究所ではとても健康な人の排出物を病気の人の腸内に強制的に注入して、日和見菌を善玉菌へ仲間入りさせるような治療の方法を提案して、実際に成功例が多々出ているそうです、AIがシンギュラリティーを迎えた日には、即座にすべての病も勝手に修理してくれるオールマイティーリカバリー細胞が人体の中を、脳細胞の中まで駆け巡ってくれて 人の寿命は数百歳近くまで延命される事でしょう、しかしそんな世界まではアセンションが出来ない限り、まだ数十年先だと私は思います、


シンギュラリティで人の健康が確立されるまでのこれからの長い間、健康な人の排出物は もしかしたら貴重な細胞として売買されていくのかも知れません、


そのうち握手したらみんな元気になる?
そんな世界も訪れるかも知れないですね、




地球よ! 人類よ!

   いつまでも青く輝け、!


umimo.jpg


ありがとうございました。




関連記事
Posted by 岩満 志朗

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply