遥かなる時の行方  

人生薔薇色主義の社会

 岩満 志朗



第一条 全ての世界中の民は平等であり自由である

第二条 民の稼働した結果による利益は国が管理をして全国民へ平等に受け渡す

第三条 土地を利用するものはその広さに応じて国へ支払う義務を課す

第四条 国民は生後から死にゆくまで健康を維持するための病院なのどの救護を無料で受けられる権利を持ち、すべての国民は月々100万円の支給を国から配給されるされるものとする

第五条 国民の義務は何一つなし

第六条 国家は国民のための国家であり、国民の稼働した利益で国を運営し、すべての国民への毎月100万円の支給を義務とする

第七条 過去の低次元のような税金は一切排除する

第八条 全ての販売は国であり、個人ではない

第九条 国の販売に大きく貢献した企業 個人に対しては国家勲章を与え唯一の墓地 国家霊園へ埋葬する

第十条 国は他国との貿易において利益を出すことを国民に約束して国家の繁栄に努めることを義務とする

第十一条 他星から宣戦布告を受けた際は、核を用いても自存自衛のため全国民で戦うものとする

第十二条 窃盗およびその法律に反したものは、即 実刑とする

以上



共産主義ではありません これは 「 人生薔薇色主義 」 の社会です。!
いいなあ 全員が共に豊かで笑顔の世界。

未来のどこかの国の法律でした。





地球よ! 人類よ!

    いつまでも青く輝け、!


barairo.jpg



ありがとうございました。







関連記事
Posted by 岩満 志朗

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply