遥かなる時の行方  

夢の世界も分かれば楽しい時

 岩満 志朗


はっと気が付くと、そこは緑の芝生の上に素敵な家がぽつんぽつんと立ち並ぶ村であった、家の周りには赤や黄色や真っ白な花が飾られていて、小鳥のさえずりが聞こえてくるとても静かな世界であった

< よーし 夢の中だ >

と、即確信して 周りの人への聞き込みは目が覚めてしまうので、やめにして、一人で垂直に80m程飛び立った いつもなら常に動いてないと落っこちそうなのだが、無意識に飛行の要領をつかんだようで空中にどこにも力を入れずに浮いていられた、すると 私が飛んで上がったのを見ていた他の人たちが、私のまねをして首を後ろに振りながら 同じ高さのところまで舞い上がってきてくれた、

<そうか 首を後ろにで上昇 背筋伸ばしで加速 首運動停止で高さ維持 前にうなづくで降下だ >

と、学習しながらである、すると かわいい日本人の若い女の子が 

「 この世界 現実とほぼ変わらないよねー 少しだけ酔った時のようなうっすら感があるけど、すごーい、感動だわー 」 

と 話しかけてきた、 

    「 そうだよねー ユーチューブ画像の720p 位はありそうだよね? 」

「 あっちの方向に大きな川が見えるから 移動してみない? 」

    「 よーし 行ってみよう 」

と 二人でその川の岸辺にふわっと着地した
すると、その川の中から 10m以上の白い見たこともない巨大なイルカがばんばん岸のほうへ向かって飛び跳ねてきた、人もすっぽり飲み込まれそうな大きな口を開けてである、彼女は危ないから去って行ったが、私は又なんかのテストだろうと察知して岸辺に向かって歩いて行った なんとその大きな真っ白いイルカは私の目の前に横たわりなついてくるではないか? 

わたしは彼の頭をなぜて、

< 君も神様だったら人間の姿になって お話ししてみようよ > 

と、念じてみた。

すると しばらくして 人間の男性にゆっくりと姿を変えて

「 私は韓国人だけど、スリムな僕の彼女を見かけなかったかな? 」

と、聞いてきた、

< ん? ここで韓国? 彼女? > 

と 考えていることも筒抜けであろうと知りつつ 思いつつ

   「 あー さっきの村で見かけたよー ずーと あっちのほうだよ 」

と 教えてあげた、、

< ここまでこの夢の世界の滞在時間は8分程度かな? >

と ひらめいた瞬間 現実に戻されました。
途中をかなり省略いたしておりますので、


真っ白い大きなイルカ 韓国のスリムな彼女? どんな意味がるのかなあ? 
空中で話しかけてきたのは人間ぽかったし、夢で会えるのかもしれないなあ 

夢で誰とでも逢えたら、最強だよね、!!


「 夢の世界も分かれば楽しい時 」




地球よ! 人類よ!

   いつまでも青く輝け、!

20120406073209.jpg



ありがとうございました。





関連記事
Posted by 岩満 志朗

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply