アイキャッチ画像
みなさん こんにちは

今日は健康を維持するための簡単な心がけでもあり、もしかしたら重い難病も治癒できるかもしれない方法 「 アーシング 」に関して記事にしてみたいと思います、私達人類は太古の昔、今よりも、もっとたくましく元気に大地を裸足で駆け巡っていました、所謂人類が生まれた頃からです 大自然の中、二本の両足でしっかりと大地を踏みしめて、です


今の私たちはどうでしょうか? 地球との接点が木造の家やコンクリートで遮断されて、ゴム製の靴を履いて歩き回り完全に地球との距離が電気的に、そして波動的にも遠く離れてしまっている状態だといえます、人類とは脳からシナプスを経て電気信号を全身に送受信しながら生きている生命体です、つまり全身が電気制御されている機械ともいえます


このような事実を受けて昨今騒がれているのが 地球からエネルギーを得る そして脳の指令が全身に行き届かないであろう 邪魔な帯電を地球に返す 「 アーシング 」 です そのやり方は簡単です、毎日30分くらい裸足で地面に立つ という事です、さらに発展形としては家庭のアースとアルミニュームなどを連結して、それを時々さわるという事です 


やり始めた初日 先ず感じたのがとても足が軽くなった、胃腸の具合が一気に活発になった 夜ぐっすりと眠れるようになった というような感想です ユーチューブや書籍でもこのビタミンGとも言われている 「 アーシング 」 に関しては沢山の情報が世に出ていますので、詳細はまたお調べいただければと思います


 誰が何と言っても 体が資本
 どんどん健康にしてくれる アーシング

 みなさん アーシングしましょう、!




地球よ! 人類よ!

   いつまでも青く輝け、!



>大地と繋がってもっと健康になりましょう、!







>家庭用の二股コンセントからのアーシングは無意味だそうです、ちゃんとしたアース または地面からでないと意味はないそうですよっ!!
スポンサーサイト



 岩満志朗
 岩満志朗



かつて 何にもない世界は存在したのかな?

宇宙の果てはないというこの地球上での見解ではあるが、時空の狭間を含めてなぞだらけの世界である。宇宙の果ては確認することも出来ず、夜空の星の光は数十万年前に放たれた光 しかも宇宙は膨張し続けている。そしてその傍らブラックホールという超重力空間が存在し、すべてを飲み込んでいる。 

時間軸を考えれば過去に数万年数十万年さらに さらにと考えると時間の始まりとはいつだったのであろうか? この世の全てとは与えられることから始まったこの世界 創造主「 神 」の願いとは「 愛 」にほかならないと思う。


地球よ! 人類よ!

  いつまでも青く輝け、!

















スクリーンショット_20230207_082538


最後までご覧いただきまして
誠にありがとうございました。

では、素敵なひと時を、!
_公開記事 166 2023/01/29









コメント

コメントがありません。

コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する

トラックバック