遥かなる時の行方  

意識のパラドックス

SHIRO IWAMITSU


みなさま こんばんは、!

今日はこのようなタイトルでお話ししてみますね、頭の中を空っぽにしてお聞きいただきましたら幸いです、ちょっとこの今の次元の物理的理論に基づいたお話ですので、笑ってくだされば幸いです。


先ず全ての物は光の速さに到達すると時間は止まり、重力で光とは曲げられてしまう が、この地球上での実証された事実ですが、では脳内のシナプスをつなぐ信号の速さとはどのくらいだと思いますか? 今の科学では記憶のシステム自体が夢の解析すら未開拓の世界なので、計測不可能でしょうが、光よりも早いのでしょうか??  でも きっとかなり遅くなければならない かなりです、なぜならその信号自体の持つ時間が停止してしまいます。 


でも人々の反応速度はこの時間軸の秒単位のスピードにぴったり合わせて電気信号が全身を走り回っていて、その結果またそのかなり遅れた信号によって手足が動いたり、声を発したり 視覚で光景を見たり 全ての人の五感はうまく時間という王様のもとにしっかりと 手と手をつないでいるかのように0.01秒の狂いもなく外界からの刺激を受けて、それに反応している ということです、あたかも遠く離れたなにかからの信号を受けているテレビの様に、、


もしもこの人体を流れている電気信号の速さが光と同様なら人は固まったままの人形の状態で身動きが出来ないわけですから、百歩譲っても秒速30万キロ以下のスピードの伝達速度でなければ永遠に時は前に進まない そんな結論に至ります、私たちの感じている速さってそんなことから本当の一秒の時間の長さとは宇宙から見た時間の長さに比べてとっても長いのかもしれません?


次に第二案です

もしも私たちが仮想空間の中のデジタル信号の中の制御された世界に住んでいると仮定したのなら、光の速さも シナプスの脳内伝達速度も定数を与えて安定した世界が出来るはず、 それを構築したのが 「 神 」 だと思います、特に明晰夢の多次元への連結 デジャブー 以心伝心 本当は簡単に創れるはずの宇宙人や、未来人 スーパーマン なのにあえて創造もせず、、


完成されもの 完成されたシステムに何かを付加するとそれは不完成になる という教えから あえて創造主 「 神 」 はその完成を揺り動かさない思いで私たち人類をみまもってくださっており、アルゴリズムのあらたな誕生やもちろん深い愛を望んで今ものんびりと観覧されていらっしゃるのでしょう、!


この世の真実とは神以外に手にしてはいけない そう思います 最後に、すべての事象は時を含めて私たち人類が認識して現実世界に現れるのでブラックホールなど危険なものの観測は確実にやめるべきだと私は思います。


 「 意識のパラドックス 」





地球よ! 人類よ!

  いつまでも青く輝け、!


WIUOOOOW.jpg


ありがとうございました。


関連記事
Posted bySHIRO IWAMITSU

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply