遥かなる時の行方  

祝福された人達よ

 岩満 志朗


みなさん こんばんは、!

今日はこのようなタイトルでお話ししてみたいと思います、私はいつもなるべく高い視線から全てを観察したいという無意識な意識がいつも働いていまして、偉そうなことなどを言う気はさらさらないのですが、ただ無意識にいつも記事を書いている次第です、

どんな時でも立ち向かっている人と逃げている人 その大きな違いとは良心に従って生きている人なのか? そうでないのかではっきりと区別がつくと思います、逃げて生きている人たちって 本当はこうしたいのにどうだからこうして ああして、そして最後に全てがあからさまになれば、我先にと逃避行への道を常に思っていて、、そんな風に思います。

心の中に一寸の悪もなく、地位や利益の為に嘘や人を陥れることなどなく正義に生きている人たちは 逃げる意識すらまったくもない、歩いてきた道に後悔すらないのだからいつ死んでもいいい というような目には見えない大きな覚悟が神から授けられていて、ぜんぜんこれからの道にも不安など一切ない人たちなんだと思います

たとえ、住む場所がなくなっても 国がなくなっても 地球が壊れたとしてもなんら怖くはない天使の心を持つ人たち、なぜなら青く輝く光に包まれて、天国への次元上昇の時が最後の時となることを知っているからだと思います。。

後悔など一切ない人生の歩み方こそ、自分に正直に生きてきた道こそ 神の望みであり 神からの祝福を頂ける人生だと私は思います。


「 祝福された人達よ 」




地球よ! 人類よ!

  いつまでも青く輝け、!



D992kKdU8AAYBab.jpg


ありがとうございました。

関連記事
Posted by 岩満 志朗

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply