遥かなる時の行方  

人の道末は神の手にありき

 岩満 志朗


みなさま こんにちは、!

今日もこの世界へお越しいただき感謝申し上げます、
ありがとうございます。


私達の歩いている人生ってとても不思議です、振り返ってみたら あのときにあんな不幸なことがあったからこそ今に繋がって本当に助かったとか、あのときにあんな苦労があったからこそ今に繋がって本当に幸せやありがたみを感じれるって、そんな風に思われることってありませんか? 私は神のサテライト>衛星 のようでさまざまな次元の地球に飛ばされてすさまじい人生をこれまで歩んできました これました 生きているのが不思議なくらいにです いやもう本当は 5回くらいは死んでアセンションしたのかもしれません 過去の地球の母上本当に申し訳ない って感じ 又会いたいなあ 本当にです、 

神様にしかうけないセンテンス>解説 になりましたね、 ( 反省

で、思うのですが 人生ってなんか起こすとそれに応じた答えが 応えが 必ず生じて、人の思いや愛やご正道への道へ向かわせてくださる神からの 「 愛 」 を感じます、その間違ったときの思いや判断の方向修正とはすべて神からの 「 愛 」 に起因するものであり、決して神は罰などを与えることもなく ただ見守り全ての人類を心から愛してくださっているのだと思います。


もしも私達が記憶を消してこの世界へ遊びにやってきた神ならばなおさら本当にもっともっと愛らしく生きるべきだし、このチャンスを絶対に逃>のがしてはならぬ と思いますし、人生の採点基準 そして、アセンション選抜権とは 絶大なる 「 愛 」 に他ならないと思います、!



「 人の道末は神の手にありき 」




地球よ! 人類よ!

   いつまでも青く輝け、!


EGz_SG6U0AE0jzl.jpg


ありがとうございました。







関連記事
Posted by 岩満 志朗

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply