遥かなる時の行方  

不可思議って10の64乗

岩満 志朗


みなさま こんばんは、!

今年最後の夜にまた変な事をお話してみたいと思いますね、私はいつも毎日明晰夢の中にさまざまな真実であろうかのヒントをもらって生きています、ですからぜんぜん死も怖くはありません、逆にこのまま何千年も生きていくのではないのかな? と心配しているくらいです 笑 そんばばかな? ですよね? でも ??空間で 、、


では本題に入りますね

一昨日 このようなヒントをいただきました この世は何万もの重なる平面状に見える世界で 第一の地球が10の64乗 つまり一不可思議という単位ですが その01で構成された世界があり、さらにその上の世界はその一不可思議に一不可思議をかけた世界がひとつ上の次元であり、、このような構造で98000もの空間軸が存在していて、一人ひとりの意識や思いはその中心から放射線状に放たれているので、常に同じ地点にいる錯覚をしている という事を知らしめさせられました。

ある次元にいた自分に津波が来たとき、すべるように一つ落ちた世界では平安で または 爆弾が飛んできて世界大戦になった世界では10段上の世界に携挙>けいきょされて、無事安全 関係なし そんな感じです、どこの層にも同じ人がいるけど 違う人 記憶も違って、、だから明日どうなるかもしれない、自分が高い次元へ行けたらみな優しいし、落ちたらみな冷たいし、、でもその人の魂は同じ中心から放たれる 最高位が見返りを求めぬ愛の世界でしょうね、?


不可思議って10の64乗
この事実も不可思議です、!



地球よ! 人類よ!

   いつまでも青く輝け、!



82327552_587997161999481_2206033544122204160_n.jpg


ありがとう ございました。


※この世の全ては0と1だけで創れます この地球では一不可思議が10の80乗のようです そしてこの次元には文字のイドラ( 活字になった文字列は本当なのだという錯覚の意味 ) がありません AKB24 ( 秋葉原から誕生した24人の美少女たちというキャッチコピーでしたので間違いないです ) もいません、さらに盲目の人たちへの配慮のお札への丸の凹凸がない、、次元が上がったのか下がったのか分かりませんが、、数十年暮らした地球とは確実に違う それは断言できます ですよね神様? 

関連記事
Posted by岩満 志朗

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply