あなたの笑顔にありがとう    

現実と多次元への間の時に

 岩満 志朗


みなさま こんばんは、!

世間では なんとかという細菌兵器の報道の花となるような話題で一杯ですが、、みなさまどうするんですか? だって 解決策が僕たちにあるのかな? 心配して困惑して こわくて   そんな毎日を過ごしていてもなんら解決にはならない、移って死ぬ時は死ぬんですよ だからその時まで楽しく生きていったらいいんじゃあないのかな っと思います。

では この世がこの現実だけではないというお話をしてみたいと思いますね、床について しばらくしたら外からの声がどこからか聞こえてきたので、まず左目を半開きしました そうしたら 未来の煌>きら びやかな光景が写りました みえました そして右目も半開きに挑戦して 成功両目でうっすらと新しい次元への扉が見えたんです そしてわたしのすぐそばを歩く人がいたので思いっきり抱きつきました、

そうしたら その人は 「 他の世界からの霊だ 」 と 大騒ぎをして逃げていきました わたしも そうなんだと納得 その直後 その直後が面白い 空から天使らしき人が舞い降りてきて わたしを受け止め その瞬間からバッチリこの世と同じ 現実の世界と同じ世界へ迎えられました、 かなりうれしかったです、 つまり 「明晰夢へようこそ 」 ですよねっ

その後のストーリーは割愛しますが、言いたい事をまとめます。

私達が今 生きているこのひとつの小さな世界なんて愚の骨頂 多次元もあれば他の地球も一杯あるし 私達は生きているのではなく、見ていて感じていて いやただレコード盤の上を進んでいる針なのかもしれないかということ なぜならこんなにはっきりとした 多次元への体験しているし、他の人も沢山いるのだと思います。

幻覚? そんなふうに思う人もいるかもしれませんが、全く知らないフランス語で話しかけてきたり、自分の力では出来ない世界が広がった世界へ連れて行かれたらそんな意見も無いと思います、しかも ものすごくクリアな世界ですし、、


 「 現実と多次元への間の時に 」  でした。




地球よ! 人類よ!

  いつまでも青く輝け、!


4132608327_b4066b5d38_z.jpg


ありがとう ございました。


関連記事
Posted by 岩満 志朗

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply