あなたの笑顔にありがとう    

あらたな命を望んで

 岩満 志朗


みなさま こんばんは、!

今日はこのようなタイトルでお話してみたいと思います、どうぞ宜しくお願いいたします。。

さて、この地球上の全ての生き物どのようにして子孫を増やしていくのか? 着眼してみたいと思います わたしは生物学者ではないのですが、雑草も樹木や魚や豚でさえ繁殖のためには必ず繁殖するための相手がいて その相手がいなくては絶滅するという法則でこの世界は成り立っているとは思いませんか? 

なぜでしょう 

どうしてこの世の創造主神は単独で子孫の繁栄の仕組みを作らなかったのか? それはこの世を作る目的に反する仕組みになるからなのではないのでしょうか? この地球の生命体で今は人類が最高位にいるとはいえますがその事を決して神は許可などしてはいないのかもしれません、なぜならこの流行です 

このままだと少なくとも地球の人口の半数は消えていなくなるでしょう 特にヨーロッパ 結婚はせず子供は作るけど片親の家族ばかり、ネアンデルタール人のDNAを持つ種族が次々と汚染をされてこの地球上からけられていく 消されて、、

この事は神からの人類への警告なのかもしれません どのような目的で神は人類を創造して輝く未来を期待しているのか? そんなことお考えになった事はおありですか? 人は支えあってこそ存続できるし、他に与える行為こそがこの世の存在意義であると思います、貨幣制度が出来て貧富の差が生じ奴隷制度や貴族社会 そして財閥などの一部の人間だけに自由に身勝手に決められていく政治 いかがおもいますか? 

世界中あちこちですよね?

僕らにはどうする事も出来ない でも神には朝飯前


 「 あらたな命を望んで 」


地球よ! 人類よ!

   いつまでも青く輝け、!


1109-2 184
ありがとうございました。
関連記事
Posted by 岩満 志朗

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply