アイキャッチ画像

>白のオーラの性質は純粋さと浄化

象徴:純粋
身体:自己治癒能力 経絡
性質:純粋さ、浄化、無垢、繊細、神性、感受性、弱さ

白のオーラは全てのオーラの色が一定水準以上のレベルで均衡を保ったときに現れるオーラの色です。 光が輝く完全なる白となる課程で、他の色との複合であったり、オフホワイト、明るめのグレー、ベージュ、アイボリー、少し色味がかった白など色々な見え方をします。チャクラとしては、第一チャクラ~第七チャクラまで幅広く関連しますが、特に深く関わるのは、第六と第七のチャクラになります。

全てのオーラカラーを含むため、あらゆる性質を持ち、複数色のオーラの力の均衡を保つことで白の性質となっています。その為、白のオーラはちょっとした感情や自己の変化によって移ろいやすいオーラだと言えます。 白のオーラの人は、直感的に白のオーラを維持するように自分をコントロールする為、それゆえに「繊細さ」や「弱さ」が現れます。


白いオーラの性質のプラス面を安定させるためには、各色のオーラの水準を保ち、光り輝く完全なる白いオーラにならなければなりません。光り輝く完全なる白いオーラとは、イエスキリストが持って持っていたと言われている聖人のオーラ、神のオーラです。


以上全て 「 天空の庭先 」 さま よりのお話です。
ありがとうございました、!


地球よ! 人類よ!

    いつまでも青く輝け、!


ありがとうございました。


スポンサーサイト



 岩満志朗
 岩満志朗



かつて 何にもない世界は存在したのかな?

宇宙の果てはないというこの地球上での見解ではあるが、時空の狭間を含めてなぞだらけの世界である。宇宙の果ては確認することも出来ず、夜空の星の光は数十万年前に放たれた光 しかも宇宙は膨張し続けている。そしてその傍らブラックホールという超重力空間が存在し、すべてを飲み込んでいる。 

時間軸を考えれば過去に数万年数十万年さらに さらにと考えると時間の始まりとはいつだったのであろうか? この世の全てとは与えられることから始まったこの世界 創造主「 神 」の願いとは「 愛 」にほかならないと思う。


地球よ! 人類よ!

  いつまでも青く輝け、!

















0130.jpg


最後までご覧いただきまして
誠にありがとうございました。

では、素敵なひと時を、!
_公開記事 166 2023/01/29

コメント

コメントがありません。

コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する

トラックバック