Please believe a flow at time.

ありがたいのか 求めるのか?

 いつまでも青く輝け 


みなさま こんばんは、!

お元気ですか? 毎日精一杯笑ってらっしゃり そして、素敵な笑顔の中に生きていらっしゃいますか?
それが幸せな証拠であると思います ・・・ この世に存在していて幸せな心持でいられること 天国です。

「 今日は哲学を物理と数学で解き明かす 」 に挑戦です。

昨今の学問の中に量子力学という分野が広がり、量子コンピュータとかが 所謂 正確な答えを導き出せないコンピュターなんて が台頭されてきましたが? 不思議ですよね これまで学んだ答えを出すための電卓だとかは、はっきりとした答えを出していた最高の計算頭脳でしたが、いまやあるあるだろうのこの様な答えが望ましくて ? この今の科学は本当に進展しているという事なのかな、 真実の領域に入り込んだのかも知れませんしね・・・

それは デジタルである01の二進法で全てを表してその世界にあてはめて、、しかし思考とか予知とか可能性になってくると0でも1でもありえるという世界を新たに創案して作られたのが最新の量子コンピュター ですから 1+1も量子コンピュターで計算したら 1でも0でも2でもありえるというまるで御伽噺のような数学的には理解の出来ない世界へとこの次元の学問は科学は進んでいるといっても過言ではないのです。

では 今日のタイトルに戻りますね この宇宙の中にある全ての物体とはこの宇宙がマクロのように無限で果てしなくあるという設定で、宇宙の果てに行けばまたそこから宇宙の果てが作られていってエンドレスラン 場所も時も人類が体験して初めて現れる?

ならばミクロはいかがでしょうか? 科学が進んでいまや原子の周りに電子が回っていてその中心の原子の大きさがピンポンだま位としたのなら、電子までの距離とはなんと東京駅から八王子駅までの果てしなく遠いところを回っていて それで一つの原子核? スカスカですね ・・・

この世の全ては原子核を取り巻く電子 中性子 と様々なミクロに入ればそのような成り立ちで出来ているということです、もちろん私達の人体を形成している細胞も血液も皮膚だってそうなりますよね? 問題はそのグループ化によって安定化した物体や意識はこの時限であたかも自分が体験をしているかのように感じていて・・・ 不思議だとは思いませんか?

何かの錯覚だとは思いますが、わたしはこれまで数多くの地球に住んでいた記憶があって、問題はこの最小限の量子のグループ化によって 人はこのフィールドに安定した形で存在が出来ていて、身の回りの物だってしかり 全てはしくみは分りませんが量子 原子のどの次元のどのタイムテーブルにグループ化されていて安定した状態で過ごせるのではないのでしょうか?

じゃあ 哲学とはフィロソフィーとは なに? 意識ってどこからなの? って不思議に思いませんか? もしかしたら、この次元のいるグループ化された量子が力学の元に生きている錯覚をしているたんなる点で また 同じグループ化された意識同士がどこかで繋がっていて そんな 設定を神はこのフィールドに広げて一人ひとりの中でのグループ化された量子で考えを埋め込んで 歩ませて ・・・

  この世はやはり 僕らから見た観測においては空
  無限を創造するためには初めから無なはずですし
  
  この世界 全ては心次第ですね
「 ありがたいのか 求めるのか? 」

  
地球よ! 人類よ!

    いつまでも青く輝け、!


HEVEN.png


ありがとう ございました。




関連記事
Posted by いつまでも青く輝け 

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply