アイキャッチ画像

神はながい 長い間一人であった、孤独の世界の残されたたったひとりの人類であったのかもしれない、そして神はその意識を 永遠なるデータ化してその中に自ら入った、過去の思い出や笑顔や涙に埋もれながら、、


自らの意識をいくつかの意識に分割して複製して、その成長を見守ることにした、いわば心の世界である、そしてこんなルールを敷いた、我が御霊の分れし子霊よ 育て、愛に そしてここに戻れと願いを込めて


他に対し思わば、思われしと

他に対し傷つけらば、傷つけられしと

他に対し助こうなら、助けられしと

他に対し許さば、許されしと

他に対し罵倒>ばとうすらば、罵倒されしと

他に対し賞賛すらば、賞賛されれしと

他に対し愛すらば愛すほど、愛されしと

、、、


この世の創造主 神は

寂しかった そして ただ永遠なる愛を望んだ、

この今も




地球よ! 人類よ!

   いつまでも青く輝け、!


20180321 044


ありがとうございます。

ここまでご覧いただきましたのでとっておきの講義をご紹介させていただきますね!
人生がぶっとびますよー また会いましょう どこかの次元で!

スポンサーサイト



 岩満志朗
 岩満志朗



かつて 何にもない世界は存在したのかな?

宇宙の果てはないというこの地球上での見解ではあるが、時空の狭間を含めてなぞだらけの世界である。宇宙の果ては確認することも出来ず、夜空の星の光は数十万年前に放たれた光 しかも宇宙は膨張し続けている。そしてその傍らブラックホールという超重力空間が存在し、すべてを飲み込んでいる。 

時間軸を考えれば過去に数万年数十万年さらに さらにと考えると時間の始まりとはいつだったのであろうか? この世の全てとは与えられることから始まったこの世界 創造主「 神 」の願いとは「 愛 」にほかならないと思う。


地球よ! 人類よ!

  いつまでも青く輝け、!

















0130.jpg


最後までご覧いただきまして
誠にありがとうございました。

では、素敵なひと時を、!
_公開記事 166 2023/01/29

コメント

コメントがありません。

コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する

トラックバック