アイキャッチ画像

 灰色の空の下、私は即明晰夢であると気づいた。周は見知らぬ人たちで、まるでメルティングポットのような世界だった。何か質問すればその世界から解かれるので黙ってフラット空を飛んだりしていた。15分くらい過ぎる。あれ?おかしい 飛んだらもう目が覚めるころなのに、しかしその後長い間その世界

 「うわー まじかあ 戻れん」 と思いながらついに口を開く 「ここは多次元でしょ? 違う世界から来たんだけど」 すると「みなそうよ あなたもこの世界の住民ね」 と声が聞こえてきた・・ 約30分間ぐらいであろうか? 元の世に戻れない。よし、この世で一人で生きていくか! と覚悟をしたらすーっと 体が寝ていた体制にもどり 戻ってこれた。現実となにひとつ変わらぬ多次元での世界は、なにか荒涼とした世界で笑いはなかった。建物は半壊したものばかりで、空は飛べるから大丈夫だと自分に言い聞かせていた。

 あの次元は この次元の未来か? それともパラレルワールドか? 何かの精神的なテストだったのであろうか? 記憶はいつも置き換えられた夢の世界であるが、明晰夢の場合は何一つ置き換えられないこのままの自分の意識のままである。いまのこの現実ととらえている世界すら 能力を外された仮想空間内であろうと改めて認識した。

 もう本当に、宇宙にゆだねよう。
 感謝しながら ・・

_戻れぬ世界で


私たちの存在の始まりとは創造主「 神 」からの愛の結晶のようで、だからこそ与えられた生の時をどんなことが起ころうとも、全てに感謝をしていきながら前を向いて人生を謳歌しなければならないと思います。

この愛と光の星地球に何の目的で来ましたか?
そして何を胸にしてこの星を後にしますか?

地球よ! 人類よ!

  いつまでも青く輝け、!

OIG2.jpg
>この画像はAIさんに作ってもらいました。ありがとうAIさん!


ありがとう ございました。
スポンサーサイト



 岩満 志朗
 岩満 志朗



私たちの存在の始まりとは創造主「 神 」からの愛の結晶のようで、だからこそ与えられた生の時をどんなことが起ころうとも、全てに感謝をしていきながら前を向いて人生を謳歌しなければならないと思います。

この愛と光の星地球に何の目的で来ましたか?
そして何を胸にしてこの星を後にしますか?

地球よ! 人類よ!

  いつまでも青く輝け、!











インデックス ページへ
ツイッターページへ
フェイスブックページへ

毎日ここより愛を発信いたします!
本日もありがとうございました。
では、素敵なひと時を、!

コメント

コメントがありません。

コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する