アイキャッチ画像
夢は白黒っていう人と カラ―っていう人 匂いが有るって人と 匂いはないっていう人 どうして 同じ人間なのに 備わっているもの 体験できる範囲が異なっているのであろうか?人はすべて自分と同じなんだって 思ってはいけない 象徴的な事実である

ここは夢の世界だって分りながら、夢の世界で 探索したり 空を飛んでみたり いろんなことの可能な世界  食べ物だって普通にとってもおいしい、でも 考えてみたら空を楽しく飛んでいるのは ごくわずかな妖精たち 

それに比べてこの現実社会はどうだろう 脳の5パーセントの力しか許されていない いわば手錠をかけられた世界といっても過言ではない 人が誕生し いや設計図に基づき造られ 何億年経つんだろうか? 時間って実在するんだろうか? 意識が進む時に時間を感じるだけであって 時間はないのかもしれない 時間という概念すら

この世に真実が有るとしたら 人の良心 それ以外はすべてFILMかもしれない

神々とは想像を超える 超科学 神々が知りたければ太古に残されたさまざまな遺跡や古事記を拝読し ちっぽけな自分をもっと大きな視野で見つめなおすことも とても必要なことではないかと思う

士農工商という人徳の格差を決めた江戸時代の先導者は 今よりもはるかに超えた統治能力のある神々だったのであろう、何が正しい 何が大切 そんなことを考える余裕無き現代人はいずれ自然淘汰されるのかもしれない、

どの宗教にも共通して言えること 草食であるべき 弱きを助け 悪を退かせる 感謝を集め所有物をなるべくなくす 欲を捨てる 働くとは人のために動く、、などかな?

よちよち歩きの または前世で大きな罪を背負って送られてきた手錠をはめられた数十億の魂たちの運ばれている「青い船」地球の未来はもう既に形成され 現在もハッピーエンドは決定されているに違いない崇高で慈愛に満ちた神々に不可能はないから、、

必要悪 反面教師に見守られながら、全てに感謝し 全てを有りがたく受け止め 社会貢献と募金活動 痛みがあるから優しさに心打たれ、悪役がいるから普通の人も神に見える

今が人生の頂点 

経験 知的財産は一瞬一瞬 増え続けていく

昇華とは過去の記憶を保ったまま一つ上の次元へ飛ばされる出来事



sinjitsu00000000000000001.png
スポンサーサイト



 岩満志朗
 岩満志朗



かつて 何にもない世界は存在したのかな?

宇宙の果てはないというこの地球上での見解ではあるが、時空の狭間を含めてなぞだらけの世界である。宇宙の果ては確認することも出来ず、夜空の星の光は数十万年前に放たれた光 しかも宇宙は膨張し続けている。そしてその傍らブラックホールという超重力空間が存在し、すべてを飲み込んでいる。 

時間軸を考えれば過去に数万年数十万年さらに さらにと考えると時間の始まりとはいつだったのであろうか? この世の全てとは与えられることから始まったこの世界 創造主「 神 」の願いとは「 愛 」にほかならないと思う。


地球よ! 人類よ!

  いつまでも青く輝け、!

















0130.jpg


最後までご覧いただきまして
誠にありがとうございました。

では、素敵なひと時を、!
_公開記事 166 2023/01/29

コメント

コメントがありません。

コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する

トラックバック