アイキャッチ画像
地球上で最強の生命体「蟻」テレパシーで女王からの指令を受け一列に群をなして目的地へ向かい自己体重の軽く3倍を超える重さの獲物を楽々と担いで全員一丸となって城の繁栄に務める、その中に一匹たりとも「反抗者」「脳故障者」「病気患者」は存在しない、想像を超える高い知能ですぐれた要塞を築き、あの象でさえ何万匹掛かりで死に至らせる。

固い甲羅で全身装備し外気温など気にもしていない、さらに電子レンジの中でさえも不死身の体、電波を全身で反射する機能がついている、恐るべき最強生物「蟻」だ。

決して人間が最強の生き物ではない、裸では生きていけないのだ。

自然界で自力で獲物を取り順調に子孫を増やし、同種族互いに戦争も仕掛けはしない。

欲深い利己主義の醜い人間などよりずっと知性が高く高貴な美しい生き物である。

もっと、大きな視野と地球は人類だけのものではない謙虚さ これまで犯した数々の過ちに対する反省と責任を持って、明るい未来の地球を育んで欲しいものだ!


ari.jpg
スポンサーサイト



 岩満志朗
 岩満志朗



かつて 何にもない世界は存在したのかな?

宇宙の果てはないというこの地球上での見解ではあるが、時空の狭間を含めてなぞだらけの世界である。宇宙の果ては確認することも出来ず、夜空の星の光は数十万年前に放たれた光 しかも宇宙は膨張し続けている。そしてその傍らブラックホールという超重力空間が存在し、すべてを飲み込んでいる。 

時間軸を考えれば過去に数万年数十万年さらに さらにと考えると時間の始まりとはいつだったのであろうか? この世の全てとは与えられることから始まったこの世界 創造主「 神 」の願いとは「 愛 」にほかならないと思う。


地球よ! 人類よ!

  いつまでも青く輝け、!
















スクリーンショット_20230207_082538


最後までご覧いただきまして
誠にありがとうございました。

では皆様方の応援を願います、!















コメント

コメントがありません。

コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する

トラックバック