アイキャッチ画像

大きな仮説 次元 = デジタルヘキサ フィルム

デジタルとは 0 1 世界 すべての音や映像や感覚を 0 と 1 の信号だけで 識別できるシステム ヘキサとはヘキサゴンの省略形 六角形の形状を現す フィルムとは 万分の一の静止画 静止状態を一定のスピードで流すことにより 時を生み出す

テレビはデジタルツインフィルム視覚と聴覚だけの ノンパノラマ世界 視覚信号を360度のパノラマにグレードアップし視覚信号も同じく360度のサラウンドシステムにし 触覚 臭覚 味覚 重覚:重力を感じ取り、加速度や平衡感覚 これらを足して魂やマシーン(消耗体)に プラズマ磁力線により連結できれば現実空間の出来上がりということだ


parareruwa-rudo.jpg


夜になり寝たままのはずの自分の体が自由に違う世界で歩き回る夢の多次元も簡単に出来上がり、記憶はフィルムの綴りを磁力線で脳のメモリーに植えつけてある状態 夢の世界にワープする際 人間の基本基盤ともいえる過去の記憶を一時メモリーに植えつけられ、人は新しい世界へ旅立つ、まったく違う環境の中へ そこにはなんら違和感はない 夢と気づかない限り すばらしい出来前の多次元世界である!

そこには白黒だけの世界やこの世界とまったく変わらない現実世界も存在し、興味津々である それはそれはバラエティーにとんだ世界 夢は決して自分の生み出す 世界ではない 人類が一日のうちの25%以上を当たり前のように就寝という習慣で洗脳を受けているわけであるが この就寝こそ そして夢こそ現実世界を考古学する上でのラーニングフィールドであると思う

もしも 多次元を何度もジャンプし確実に 以前の世界の記憶を残してきた経験を持つ人にとってはすんなりと、仮説もご理解できると思うしタイム イズ フィルム Time is Filmという文字列が意味をなし 神々の作り上げた城壁に仕組まれた 開け ごま となるわけである!



地球よ! 人類よ!

   いつまでも青く輝け、!


同じ考えの人もアメリカにはロシアにもいっぱいいますね!


ありがとうございました。
スポンサーサイト



 岩満志朗
 岩満志朗



かつて 何にもない世界は存在したのかな?

宇宙の果てはないというこの地球上での見解ではあるが、時空の狭間を含めてなぞだらけの世界である。宇宙の果ては確認することも出来ず、夜空の星の光は数十万年前に放たれた光 しかも宇宙は膨張し続けている。そしてその傍らブラックホールという超重力空間が存在し、すべてを飲み込んでいる。 

時間軸を考えれば過去に数万年数十万年さらに さらにと考えると時間の始まりとはいつだったのであろうか? この世の全てとは与えられることから始まったこの世界 創造主「 神 」の願いとは「 愛 」にほかならないと思う。


地球よ! 人類よ!

  いつまでも青く輝け、!

















0129.png


最後までご覧いただきまして
誠にありがとうございました。

では、素敵なひと時を、!
_公開記事 166 2023/01/29

コメント

コメントがありません。

コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する

トラックバック