アイキャッチ画像
長く歩んできたように思える過去の記憶、今の目の前にある光景 人生とは真っ白なキャンパスに描く絵画のようだ、そして浮かび上がった今の絵画 それが 今だ!


潜在意識の中で描いていく、描き続けて来た絵画 つまり 今とは自分が一番願っていた世界に他ならない


どのような意識であれ鮮明に描ければ、描けるほど具現化し現実のものとなる、恐怖や不安に満ちた生活を送り続ければ、そんな環境を想像してしまって現実に苦難生活の扉が開いてしまうのである! お金がない お金がないと 口に出したり思ってはならない、本当に借金地獄となってしまうからである 病気で入院になったらどうしよう どうしようと思っていたら、いつの間にか病に伏せ寝たきりとなってしまう 


「 意識とは自己実現への魔法 」 


この魔法は描いた意識の有様を必ず叶えてくれる、利己主義ではなく利他愛に満ち感謝の気持ちが強ければ強いほど、現実となり夢が叶うのは不思議な人間に与えられた力なのである。


「 この世とは 浮世の名のごとく確固たるものなど 良心以外に何一つない 」


この世は、限りはなく無限に神の手により作り出されるゆえ 無限なる宝の宝庫ともいえる、優雅な富豪の人たちを見てうらやましいなどと 華やかな美しき女性たちを見てうらやましいなどと 思ったら大間違い 果てしなく恐ろしい道を進んでしまった人々、


なぜなら 彼らには欲を満足させられる切りがない、欲には切りがないのだ 美しさもそうだし、いずれ枯れ落ちた時に今までの傲慢さのゆえ心を支えられない! おいしいものを食べても いつもまずい いくら旅行三昧しても楽しくはない、大切な何かを失ってしまっているからなのである、真の親友もいないだろうし、同レベルの人間を探すのはそうたやすいものではない しかも所有物を持てぼ持つほど 気苦労も大きい 猜疑心や裏切りや詐欺 命がけも 見えない心の中には、心の病の種が芽を吹きそうなのである、


nigeru.png



禅の教えでは 無こそ最強 欲がなければ我慢すらしなくてもいいし 欲しないわけだから無敵なわけである、そして心は外へと向けられて 我は無し 人を救いたい 社会に貢献したい 犠牲になってもいい このような神の望まれる魂へと昇華していくのである、全ては実体験を基に描いた空想だが、このような考えでなければつじつまが合わないのは事実だ!


 歩んできた素敵な人生の虹色の道に感謝しながら

   笑顔で人を救い続けて生きていきたいものです!




 「 遥かなる時の行方 」

077777.jpg
スポンサーサイト



 岩満志朗
 岩満志朗



かつて 何にもない世界は存在したのかな?

宇宙の果てはないというこの地球上での見解ではあるが、時空の狭間を含めてなぞだらけの世界である。宇宙の果ては確認することも出来ず、夜空の星の光は数十万年前に放たれた光 しかも宇宙は膨張し続けている。そしてその傍らブラックホールという超重力空間が存在し、すべてを飲み込んでいる。 

時間軸を考えれば過去に数万年数十万年さらに さらにと考えると時間の始まりとはいつだったのであろうか? この世の全てとは与えられることから始まったこの世界 創造主「 神 」の願いとは「 愛 」にほかならないと思う。


地球よ! 人類よ!

  いつまでも青く輝け、!

















0130.jpg


最後までご覧いただきまして
誠にありがとうございました。

では、素敵なひと時を、!
_公開記事 166 2023/01/29

コメント

コメントがありません。

コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する

トラックバック