アイキャッチ画像
時間のずれは、この現実世界でも 日常茶飯事  発生しているそうです!

空の旅 時速約1000キロの ジェット機 乗っている人の一秒と 地上にいる人の一秒は確実に進むスピードは違う、エベレストに立つ人と地上にいる人 降りてくれば元の時間軸に戻るのですが 時の進む速さは違う 

相対性理論 光の速さは一定というアインシュタインの学説は根本から間違いだ 

という事実が明白に発表されました、

重力により光は曲がります、なので 重力に左右されない光と まっしぐらに進んで来た光 宇宙のかなたから 到着にはずれがある つまり飛躍すれば 高速で地球を回れる乗り物ができれば過去へ戻れる! しかしパラドックスが起こり、もう一人の自分に近づいてはならない です! 

  時とは

  まがい物なんですね!


  大切なのは 今 です!

  流れ去る時に現在は存在しません

  すべて過去になっております、、



 「 遥かなる時の行方 」


0707070707070.jpg
スポンサーサイト



 岩満志朗
 岩満志朗



かつて 何にもない世界は存在したのかな?

宇宙の果てはないというこの地球上での見解ではあるが、時空の狭間を含めてなぞだらけの世界である。宇宙の果ては確認することも出来ず、夜空の星の光は数十万年前に放たれた光 しかも宇宙は膨張し続けている。そしてその傍らブラックホールという超重力空間が存在し、すべてを飲み込んでいる。 

時間軸を考えれば過去に数万年数十万年さらに さらにと考えると時間の始まりとはいつだったのであろうか? この世の全てとは与えられることから始まったこの世界 創造主「 神 」の願いとは「 愛 」にほかならないと思う。


地球よ! 人類よ!

  いつまでも青く輝け、!

















0129.png


最後までご覧いただきまして
誠にありがとうございました。

では、素敵なひと時を、!
_公開記事 166 2023/01/29

コメント

コメントがありません。

コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する

トラックバック